学術雑誌

  1. 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    離散コサイン変換ベクトル量子化(DCT-VQ)(Vector Quantization of Picture Signals Using Discrete Cosine Transform (DCT-VQ) )
    テレビ誌, 39, 10 pp.920-925 Oct. 1985
  2. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    画像信号の離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化法 (Adaptive Discrete Cosine Transform Image Coding Using Gain/Shape Vector Quantizers)
    信学論(B), J69-B 2 pp.161-170 Feb. 1986
  3. 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    画像信号の適応的離散コサイン変換ベクトル量子化 (Adaptive Vector Quantiozation of Picture Signals in Discrete Cosine Transform Domain)
    信学論(B), J69-B , pp.228-236 (1986/03 )
  4. 中出浩志, 相澤清晴, 原島 博
    ベクトル量子化の直交変換領域高速探索方式 (Fast Search Algorithms for Vector Quantization in Orthogonal Transform Domain)
    信学論(B), J69-B 10 pp.1102-1110 (1986/10)
  5. 相澤清晴, 斎藤隆弘, 原島 博
    カラー画像の適応的離散コサイン変換ベクトル量子化 (Adaptive Discrete Cosine Transform Image Coding with Vector Quantizations for Color Images)
    信学論(B), J69-B 10 pp.1156-1159 (1986/10)
  6. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博
    画像信号の適応的離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化法 (Adaptive Discrete Cosine Transform Coding with Gain/Shape Vector Quantizers for Picture Signals)
    信学論(B), J69-B 12 pp.173 1-1741 (1986/12)
  7. 相澤清晴,原島 博,斎藤隆弘
    構造モデルを用いた画像の分析合成符号化 (A Model-based Analysis/SynthesisbImage Coding System)
    信学論(B), J72-B-I , pp.200-207 March 1988
  8. K.Aizawa, H.Harashima, T.Saito
    Model-Based Analysis Synthesis Image Coding (MBASIC) System
    Signal Processing:Image Communication, Vol.1, No.2, pp.139-152, (Oct.1989)
  9. H.Harashima, K.Aizawa, T.Saito
    Model-Based Analysis Synthesis Coding of Videophone Images-Conception and Basic Study of Intelligent Image Coding
    Trans. IEICE, Vol.E, 72, No.5, (May 1989)
  10. オット,榎並,羽鳥,福井,八木,相澤
    PicPEn - 実時間映像信号処理装置Picotのためのプログラミング環境 (PicPEn-A Programming Environment for Picot, a Real-Time Video Signal Processing System)
    テレビ誌, vol44 pp.1570-1578 (1990-12)
  11. 小松,相澤,斉藤
    2台のカメラを用いる超高精細画像取得法の提案とその理論的検討 (Proposal of A New Method for Acquiring Super High Definition Pictures with Two Cameras and Its Theoretical Analysis)
    テレビ誌, Vol.45 No.10 pp.1256-1262 (1991-10)
  12. C.K.Cheong, K.Aizawa, T.Saito and M.Hatori
    Subband Image Coding with Biorthogonal Wavelets
    IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E75-A No.7 pp.871-881 July 1992
  13. K.Ikeda, M.Hatori and K.Aizawa
    A Fast Adaptive Algorithm Using Gradient Vectors of Multiple ADF
    IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E75-A No.8 pp.972-979 Aug.1992
  14. T.Komatsu, K.Aizawa, T.Igarashi, T.Saito
    Signal-processing based method for acquring very high resolution images with multiple cameras and its theoretical analysis
    IEE Proceedings-I, Vol.140, No.1 pp.19-25 Feb.1993
  15. 宝珠山,羽鳥,相澤
    適応フィルタのための選択的射影アルゴリズム(Selective Projection Algorithm for Adaptive Filters)
    電子情報通信学会論文誌(A), Vol.J76-A No.9 pp.1380-1382 Sep.1993
  16. 藤原,相澤,羽鳥
    複数画像からの再構成による鮮鋭画像の取得 (Enhanced Image Acquisition Using Differently Focused Multiple Images)
    電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J77-D-II No.1 pp.209-212 Jan.1994
  17. 鄭,相澤,斉藤,羽鳥
    フラクタル次元に基づく適応的エッジ検出 (Adaptive Edge Detection with Fractal Dimension)
    電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J76-D-II No.12 pp.2459-2463 Dec.1993
  18. T.Komatsu, T.Igarashi, K.Aizawa and T.Saito
    Very high resolution imaging scheme with multiple different-aperture cameras
    Signal Prcessing: Image Communication, Vol.5 No.5-6 pp.511-526 Dec. 1993
  19. K.Aizawa et al.
    Model-based Image Coding
    SPIE Electronic Imaging Newsletter, Vol.3 No.2, Sep. 1993

国際会議

  1. K.Aizawa, H.Harashima and H.Miyakawa
    Adaptive Discrete Cosine Transform Coding with Vector Quantization
    Picture Coding Sympoisum, pp.239-240 April 1986
  2. K.Aizawa, H.Harashima and H.Miyakawa
    Adaptive Discrete Cosine Transform Coding with Vector Quantization for Color Images
    IEEE International Conference on Acoustics Speech and Signal Processing (ICASSP), pp.985-988 April 1986
  3. T.Saito, H.Takeo, K.Aizawa, H.Harashima and H.Miyakawa
    Discrete Cosine Transform Coding Using Gain/Shape Vector Quantizers and Its Application to Color Image Coding
    Picture Coding Sympoisum, pp.225-226 April 1986
  4. T.Saito, H.Takeo, K.Aizawa, H.Harashima and H.Miyakawa
    Adaptive Discrete Cosine Transform Image Coding Using Gain/Shape Vector Quantizers
    IEEE International Conference on Acoustics Speech and Signal Processing (ICASSP), pp.129-132 April 1986
  5. K.Aizawa, H.Harashima and T.Saito
    Model Based Synthetic Image Coding System -Construction of 3d Model of Person's Face
    Picture Coding Sympoisum, pp.50-51 June 1987
  6. K.Aizawa, Y.Yamada, H.Harashima and T.Saito
    Model Based Synthetic Image Coding System -Modeling A Person's Face and Synthesis of Facial Expressions
    IEEE GLOBECOM'87, pp.2.3-1-2.3-5 (Nov. 1987)
  7. K.Aizawa, H.Morikawa, H.Harashima and T.Saito
    Model-Based Analysis Synthesis Image Coding System for a Person's Face
    International Workshop on 64 kbit/s Coding of Moving Video, 8-4 (Jun.1988)
  8. K.Aizawa, H.Harashima and T.Saito
    Model-Based Analysis Synthesis Image Coding System For Very Low-Rate Image Transmission
    Picture Coding Symposium, pp.4.3-1 -4.3-2 (Sep.1988)
  9. S.Morishima, K.Aizawa, H.Harashima
    Model-Based Facial Image Coding Controlled by the Speech Parameter
    Picture Coding Symposium, pp.4.4-1-4.4-2 (Sep.1988)
  10. S.Morishima, K.Aizawa, H.Harashima
    An Intelligent Facial Image Coding Driven by Speech and Phoneme
    IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), May-89
  11. K.Aizawa, M.Koyama, K.Ohyama, C.S.Choi, H.Harashima
    Analysis and Synthesis of Facial Images in a Model-Based Coding System
    International Workshop on 64 kbit/s Coding of Moving Video, 4-7 Sep.1989
  12. M.Koyama, K.Ohyama, Y.Fujiwara, K.Aizawa and H.Harashima
    Model-based real time synthesis system of facial expressions
    Picture Coding Symposium, (Mar.1990)
  13. Y.Nakaya, K.Aizawa and H.Harashima
    Texture updating methods in model-based coding of facial images
    Picture Coding Symposium, (Mar.1990)
  14. C.S.Choi, K.Aizawa M.Takebe and H.Harashima
    Analysis and synthesis of facial expressions in model-based image coding
    Picture Coding Symposium, (Mar.1990)
  15. M.Ott, K.Enami, M.Hatori and K.Aizawa
    Timing in systolic systems with variable minimum connection delays
    IEEE Symposium on Circuit and Systems (ISCAS), pp.2248-2251, 1990-5
  16. M.Ott, K.Enami, M.Hatori and K.Aizawa
    PicPEn -a Programming enviroment for Picot, a real-time image processing system
    Signal Processing V: Theory and Applications, pp.1527-1530 Elsevier Science Publisher B.V., 1990-9
  17. S.Morishima, K.Aizawa and H.Harashima
    A real time facial action image synthesis system driven by speech and text
    SPIE Vol.1360 Visual Communication and Image Processing (VCIP), pp.1151-58 (1990.10)
  18. M.Ott, L.C.DeSilva, T.Sato, K.Aizawa and H.Hatori
    VIWOB: An interactive programming environment for distributed simulations
    IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), Tronto, 1991-5
  19. K.Aizawa and T.S.Huang
    Model-based image coding (invited)
    IJCAI Workshop, W-7 Aug.1991 Sydney Australia
  20. K.Aizawa, T.Komatsu and T.Saito
    Acquisition of very high resolution picture signals using stereo camera
    Picture Coding Symposium, 14.5 Sep.1991 Tokyo Japan
  21. K.Aizawa, T.Komatsu and T.Saito
    Acquisition of very high resolution images using stereo camera
    SPIE Visual Communication and Image Processing (VCIP), vol.1605 pp.318-328 Boston, MA Nov 1991
  22. K.Aizawa, T.Komatsu and T.Saito
    An approach to acquiring high resolution images using multiple cameras
    Seventh Workshop on Multidimensional Signal Processing, 1.12 Lake Placid, NY Sep 1991
  23. T.S.Huang, S.C.Reddy and K.Aizawa
    Human Facial Motion Modelling, Analysis and Synthesis for Video Compression
    SPIE Visual Communication and Image Processing (VCIP), vol.1605 pp.2, 4-241 Boston, MA Nov 1991
  24. L.C.D.Silva, M.Ott, T.Sato, K.Aizawa and M.Hatori
    User extendable interactive communication environment fordistributed systems
    IEEE GLOBECOM, 24.5, pp.825-829, Dec. 1991
  25. K.Aizawa, T.Komatsu and T.Saito
    A scheme for acquiring very high resolution images using multiple cameras
    IEEE International Conference on Acoustics,Speech and Signal Processing (ICASSP), pp.289-292, San Francisco, CA, Mar. 1992
  26. C.K.Cheong, K.Aizawa, T.Saito and M.Hatori
    Structural edge detection based on fractal analysis for image compression
    IEEE Symposium on Circuit and Systems (ISCAS), Vol.5, pp.2461-2464, May 1992
  27. T.Saito, T.Komatsu and K.Aizawa
    A signal-processing based method for acquiring very high resolution images with multiple cameras and its theoretic analysis
    IEE International Conference on Image Processing and Its Applications, pp.365-3 68, Maastricht, the Netherlands, April, 1992
  28. T.Saito, T.Komatsu and K.Aizawa
    Signal-processing based aquisition of very high resolution images using multiple cameras
    EUSIPCO 92, Aug. 1992
  29. T.Komatsu, T.Saito and K.Aizawa
    Very high resolution image acquisition via reconstruction using multiple lower-resolution cameras various in their pixel apertures
    Internaltional Workshop on HDTV'92, pp.73 .1- 73 .8, Kawasaki Japan, Nov. 1992
  30. L.Tang, M.Pouyat, K.Aizawa and T.S.Huang
    Accuracy of modelling a person's face using a generic model
    Picture Coding Symposium, 1993
  31. T.Saito, T.Komatsu and K.Aizawa
    A high resolution imaging scheme using multiple cameras various in their pixel apertures
    Picture Coding Symposium, 1993
  32. K.Aizawa, T.Komatsu, T.Saito and M.Hatori
    Subpixel registration for a high resolution imaging scheme using multiple imagers
    IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing(ICASSP), Vol.V, pp.133 -136 (1993)
  33. C.K.Cheong, K.Aizawa, T.Saito and M.Hatori
    Motion estimation with wavelet transform and the application to motion compensated interpolation
    IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP), Vol.V (1993)
  34. K.Aizawa
    Panel on Model-based and Fractal Image Coding (invited)
    IEEE Workshop on Very Low bitrate Video Compression, Urbana, IL, May 1993
  35. K.Aizawa
    Box Lunch Panel: Future Image of Mobile Multimedia Communications (invited)
    The Fourth International Symposium on Personal,Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC), Yokohama, Sep.9-11,1993 , Japan
  36. K.Aizawa
    Model-Based Image Coding (invited)
    MPEG4 Seminar at Columbia University, N.Y., N.Y., July, 1993
  37. L.C.Desilva, K.Aizawa, M.Hatori
    Use of Participant's Face and Gaze Direction Information to Provide an Improved Visual Sensation for Video Conferencing Environments
    Int. Workshop on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), pp.44-49 Sendai, Japan, Oct.1993
  38. K.Aizawa
    Model Based Image Coding (invited)
    Korean Telecom Workshop on Very Low Bit Rate Video Compression, Nov. 1993
  39. K.Aizawa, K.Iwata, T.Saito, M.Hatori
    Computing Optical Flow using Multiple Image Sensors
    ACCV93, Asian Conference on Computer Vision, pp.23 -26, Osaka Nov.1993
  40. K.Aizawa
    Model-Based Coding for Future Multimedia Communications (invited)
    First International Workshop on Mobile Multimedia Communications, P.3, Dec.7-10, 1993
  41. T.S.Huang and K.Aizawa
    Expectations of future servicesin mobile multimedia communications (invited)
    First International Workshop on Mobile Multimedia Communications, P.7, Dec.7-10, 1993

国内シンポジウム・研究会

  1. 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    通信路歪みを軽減するベクトル量子化の伝送符号割りあてに関する 一検討
    信学技報, CS84-32 (1984-09)
  2. 瀬崎 薫, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    ベクトル量子化の一高速探索法
    信学技報, CS84-92(1984-11)
  3. 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    離散コサイン変換を用いた画像のベクトル量子化
    信学技報, IE84-86 (1984-12)
  4. 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    適応的離散コサイン変換ベクトル量子化
    信学技報, IE85-5 (1985-04)
  5. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    画像信号の多段Gain/Shapeベクトル量子化 -直交変換領域における設計とその性能評価-
    信学技報, IE85-16(1985)
  6. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    画像信号の多段Gain/Shapeベクトル量子化-直交変換領域における設計とその性能評価-
    信学技報, IE85-16 (1985)
  7. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    画像信号の離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化 -ブロックサイズの拡大
    信学技報, CS85-42(1985-07)
  8. 中出浩志, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    ベクトル量子化の直交変換領域高速探索方式
    信学技報, CS85-78 (1985-09)
  9. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    画像信号の適応型離散コサイン変換Gain/Shapgeベクトル量子化法-Activity Indexによる適応化-
    信学技報, IE85-91 (1985)
  10. 武尾英哉, 斎藤隆弘, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    再帰的Gain/Shapeベクトル量子化器を用いる画像信号の適応離散コサイン変換符号化
    情報理論とその応用研究会, 第8回シンポジウム資料, III-G-2, (昭60-12)
  11. 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    カラー画像の適応的離散コサイン変換ベクトル量子化
    情報理論とその応用研究会, 第8回シンポジウム資料, III-H-1, (昭60-12)
  12. 中出浩志, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    ベクトル量子化の直交変換領域高速探索方式に関する検討
    情報理論とその応用研究会, 第8回シンポジウム資料, III-H-2, (昭60-12)
  13. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    カラー画像の離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化法
    信学技報, IE85-98 (1985)
  14. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    離散コサイン変換領域での画像信号のGain/Shapeベクトル量子化法
    第16回画像工学コンファレンス, pp.255-258 (昭60-12)
  15. 斎藤隆弘, 武尾英哉, 相澤清晴, 原島 博, 宮川 洋
    カラー画像の適応型離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化法
    信学技報, IE85-120 (1986)
  16. 相澤清晴,斎藤隆弘,原島 博
    知的画像符号化のための顔の3次元モデル構成について
    第1回画像符号化シンポジウム(PCSJ86), 5.2 (1986-09)
  17. 浜 康善,斎藤隆弘,相澤清晴,原島 博
    離散コサイン変換 Gain/Shape ベクトル量子化法への歪・レート特性に基づく最適量子化ビット配分法の導入
    第9回情報理論とその応用シンポジウム, B5-1 (昭61-10)
  18. 原島 博,相澤清晴,斎藤隆弘
    次世代画像符号化の構想-分析符号化から知的符号化へ-
    信学技報, IE87-1 (1987-04)
  19. 相澤清晴,山田幸則,原島 博,斎藤隆弘
    分析合成符号化におけるモデル構成と表情合成
    信学技報, IE87-2 (1987-04)
  20. 相澤清晴,原島 博,斎藤隆弘
    画像の分析合成符号化における頭部の運動推定とモデルの逐次修正の検討
    第2回画像符号化シンポジウム (PCSJ87), 5.1(1987-09)
  21. 相澤清晴,原島 博,斎藤隆弘
    顔画像の分析合成符号化方式
    第10回情報理論とその応用シンポジウム, JD7-3 (昭62-11)
  22. 相澤清晴
    構造モデルを用いた合成に基づく動き分析
    第3回画像符号化シンポジウム (PCSJ88), 5.7 (1988-10)
  23. 森島繁生,相澤清晴,原島 博
    画像と音声のインタラクティブ符号化の一検討 -知的インタフェースの実現に向けて-
    第3回画像符号化シンポジウム (PCSJ88), 5.3 (1988-10)
  24. 森島繁生,相澤清晴,原島 博
    音声情報に基づく表情の自動合成の研究
    第4回NICOGRAPH論文集, pp139-146 (1988-11)
  25. 相澤清晴
    PCSJにおける画像符号化の研究動向
    信学技報, IE88-85(1988-12)
  26. 相澤清晴
    新しい画像符号化の動向
    電子情報通信学会知的コミュニケーションと符号化第3種研究会, (1989-6)
  27. 相澤清晴,森島繁生
    知的符号化のこれから
    知的コミュニケーションと符号化ワークショップ, pp.45-50 (1989-6)
  28. 相澤清晴
    知的符号化とパターン認識・理解
    信学技報 PRU89-53, (1989-9)
  29. 小山昌岐,大山公一,相澤清晴,原島 博
    実時間表情合成システム
    PCSJ89, 7-13,pp.125-126 (1989-10)
  30. 岩田淳,相澤清晴,羽鳥光俊
    3次元領域分割に基づくフレーム内挿方式
    PCSJ89, 7-10,pp.119-120 (1989-10)
  31. 李涛,羽鳥光俊,相澤清晴
    時変マルチパス伝送路に追従する状態分割型適応等化方式
    信学技報, RCS 89-24,(1989-10)
  32. 岩田淳,相澤清晴,羽鳥光俊
    動きを考慮した3次元領域分割
    情報理論とその応用シンポジウム, pp.275-280 (1989-12)
  33. 李涛,羽鳥光俊,相澤清晴
    TDMA方式における状態分割型適応等化方式の性能評価
    信学技報, RCS 89-60, (1990-3)
  34. 小野,斉藤,相澤
    超高精細画像通信の実現へ向けて
    PCSJ90 6-1, 1990-10
  35. 坂口,大山,鄭,相澤
    特徴固有変換符号化
    PCSJ90, 7-3, Oct.1990
  36. M.Ott, L.C.D.Silva, T.Sato, K.Aizawa and M.Hatori
    A workbench paradigm for hypermedia information processing simulations
    PCSJ90, pp.169-170, 1990-10
  37. M.Ott, L.C.D.Silva, T.Sato, K.Aizawa and M.Hatori
    Virtual workbench for building commnication environment
    信学技報, HC90-20, 1990-10
  38. 相澤,小松,斉藤
    超高精細画像取得のための基礎検討
    信学技報, IE90-54 990-10
  39. M.Ott, L.C.D.Silva, T.Sato, K.Aizawa and M.Hatori
    An interactive workbench for video signal experiments
    ヒューマンインタフェースシンポジウム(HIS), pp.521-524, 1990-10
  40. 羽鳥(好),相澤
    画像符号化の新しい動向
    画像符号化講演会, Nov-90
  41. 大佐 羽鳥 相澤
    基準信号を用いたFMマルチパスひずみの除去
    第5回信号処理シンポジウム, Nov-90
  42. 小松,相澤,斉藤
    高精細画像入力のための映像処理技術
    TV学会技報, ICS91-65 (1991-10)
  43. L.C.D.Silva, M.Ott, K.Aizawa and M.Hatori
    A multimedia signal processing environment - A flexible & user extendable system with an object oriented programming approach
    PCSJ91, 2-6, 1991-10
  44. 鄭,相澤,斉藤,羽鳥
    エッジ情報を用いた画像符号化の基礎検討-フラクタル解析によるエッジの構造的抽出
    PCSJ91, 8-6, 1991-10
  45. 池田,羽鳥,相澤
    複数のADFのタップ修正ベクトルを利用した高速適応アルゴリズム
    DSPシンポジウム,, pp.156-161, 1991-11
  46. 小松,五十嵐,相澤,斉藤
    多眼カメラを用いた高精細画像入力方式
    テレビジョン学会技報, Vol.16, No.43, 1992-7
  47. 小松,相澤,斉藤
    動画像処理による空間解像度の向上とその符号化への応用の可能性
    PCSJ91, 2-3, 1991-10
  48. 五十嵐,小松,相澤,斉藤
    超高精細画像の入力と処理
    PCSJ91, 6-8, 1991-10
  49. 渡辺,鄭,斉藤,相澤
    ウエーブレット・ゼロ交差表現に基づく走査線間補間
    PCSJ92, 2-6, 1992-10
  50. 鄭,相澤,斉藤,羽鳥
    特徴情報を用いた階層的動きベクトル推定と内挿
    PCSJ92, 5-11, 1992-10
  51. 小松,五十嵐,相澤,斉藤
    異なる画素開口を有する複数のカメラを用いた高精細画像入力方式
    PCSJ92, 7-5, 1992-10
  52. 鄭,渡辺,相澤,斉藤,羽鳥
    ゼロ交差と付加情報による画像信号の再構成とノイズ低減への応用
    テレビジョン学会技報,Vol.16,No.61, 1992-10
  53. 大網,鄭,相澤,羽鳥
    階層的動き推定とその滑らかさを考慮したフレーム内挿
    テレビジョン学会技報,画像通信システム, Vol.17, No.29, pp.1-6, May.1993
  54. 岩田,相澤,斉藤,羽鳥
    多重フレーム速度を利用した動き推定 -コンピュテーショナルイメージセンサのための一検討-
    テレビジョン学会技報,画像通信システム, Vol.17, No.29, pp.7-11, 1993-5
  55. ワテル,大野,相澤,羽鳥
    光学的信号処理による動画像動き推定の検討
    信学技報, IE93-36, 1993-7
  56. 鄭,大網,相澤,羽鳥,斉藤
    エッジ情報に基づく動画像セグメンテーションと動き補償フレーム間内挿
    信学技報, IE93-37, 1993-7
  57. 相澤
    ソフトから見た撮像デバイスへの要望と課題
    NHK技研講演, 1993.8.27
  58. 大野,相澤,羽鳥
    自己相似モデリングを用いた自然画像符号化に関する一検討
    PCSJ, 2.1, Oct.1993
  59. ワテル,相澤,羽鳥
    逆転サブサンプル位相による半ペル探索法
    PCSJ, 2.13 1993-10
  60. 鄭,渡辺,相澤,斉藤,羽鳥
    ウエーブレット変換に基づくゼロ交差からの画像再構成に関する検討
    PCSJ, 4.1 1993-10
  61. 大網,鄭,相澤,羽鳥
    正則化手法を用いた動き推定の最適化に関する検討
    PCSJ, 6.12 1993-10
  62. 宮原,小松,相澤,斉藤
    画素開口の異なる多眼カメラを用いた高精細画像の取得法:統合画像の周波数特性の検討
    PCSJ, 8.3 1993-10
  63. ワテル,大野,相澤,羽鳥
    光学的手法による動画像動き推定
    PCSJ, 8.12 1993-10
  64. 岩田,相澤,羽鳥
    複数の撮像素子を用いる動き推定法の検討
    PCSJ, 8.13 1993-10
  65. 酒井,相澤,羽鳥
    タップ間隔が不均一な分数間隔等化器による適応等化の一検討
    第8回デジタル信号処理シンポジウム, Oct-93
  66. L.C.Desilva, K.Aizawa and M.Hatori
    Teleconferencing with a Viewing Window Steered by Person's Gaze and Face Direction
    情報通信サービス/ネットワーク品質 時限研究会, Oct.1993
  67. 大網,佐藤,相澤,羽鳥
    一画素マッチングに基づく動き推定の基礎検討
    信学技報, IE93-26, (1994-02)
  68. 酒井,相澤,羽鳥
    サンプル位置の動的制御を行う分数間隔等化器の検討
    信学技報, DSP93-110, (1994-03)

国内大会

  1. 相沢清晴, 坂本邦博, 岡部洋一
    生体と外界の相互作用に関する一心理物理実験
    昭和58年度電子通信学会情報・システム部門全国大会, 229, Sep 1983
  2. 瀬崎, 相澤, 原島, 宮川
    ベクトル量子化の一高速探索法
    昭59テレビジョン学会全国大会, p127 (昭59-07)
  3. 相澤, 原島, 宮川
    通信路誤りを考慮したベクトル量子化の伝送符号割り当てに関する 一検討
    昭59電子通信学会通信部門全国大会, 10 (昭59-10)
  4. 相澤, 原島, 宮川
    離散コサイン変換ベクトル量子化(DCT-VQ)における最適ビット配分
    昭60電子通信学会総合全国大会, p315-316 (昭60-03)
  5. 武尾, 浜, 斎藤, 相澤, 原島, 宮川
    画像信号の直交変換-多段Gain-Shapeベクトル量子化
    昭60テレビジョン学会全国大会, 6-2 (昭60-07)
  6. 小路, 相澤, 原島, 宮川
    差分変換を用いた画像のベクトル量子化
    昭60テレビジョン学会全国大会, 155-156 (昭60-07)
  7. 相澤, 原島, 宮川
    カラー画像の適応的離散コサイン変換ベクトル量子化の検討
    昭60電子通信学会情報・システム部門全国大会, 384 (昭60-11)
  8. 武尾, 斎藤, 相澤, 原島, 宮川
    画像信号の適応型離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化法
    昭60電子通信学会情報・システム部門全国大会, 186 (昭60-11)
  9. 斎藤, 武尾, 浜, 相澤, 原島, 宮川
    カラー画像の適応型離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化法
    昭61電子通信学会総合全国大会, 1163 (昭61-03)
  10. 荒川, 阿部, 相澤,原島
    区分的線形ディジタルフィルタの最適設計と画像処理への応用
    昭61テレビジョン学会全国大会, 16-10 (昭61-08)
  11. 浜, 斎藤,相澤,原島
    離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化法を用いる動画像のフレーム間符号化
    昭61テレビジョン学会全国大会, 6-12 (昭61-08)
  12. 相澤,斎藤,原島
    知的画像符号化のための基礎検討-顔の3次元モデル構成について
    昭61電子通信学会通信部門全国大会, 542 (昭61-09)
  13. 浜,斎藤,相澤,原島
    画像信号の離散コサイン変換Gain/Shapeベクトル量子化法-最適ビット配分についての一検討-
    昭61電子通信学会通信部門全国大会, 541 (昭61-09)
  14. 相澤,斎藤,原島
    画像の分析・合成符号化における顔の表情合成(1)- 波形符号化的アプローチ-
    昭62電子情報通信学会総合全国大会, 1186 (昭62-03)
  15. 山田,相澤,斎藤,原島
    画像の分析・合成符号化における顔の表情合成(2)-構造的アプローチ-
    昭62電子情報通信学会総合全国大会, 1187 (昭62-03)
  16. 浜,江口,斎藤,相澤,原島
    画像信号の離散コサイン変換 Gain/Shape ベクトル量子化法 -ベクトル定義手法についての検討-
    昭62電子通信学会総合全国大会, 1124 (昭62-03)
  17. 相澤, 原島, 斎藤
    画像の分析合成符号化における頭部の運動推定とモデルの逐次修正
    昭62電子通信学会情報・システム部門全国大会, 102 (昭62-11)
  18. 相澤, 原島, 斎藤
    構造モデルを用いた画像の分析合成符号化方式
    昭63電子情報通信学会総合全国大会, D-94 (昭63-03)
  19. 丹治,森川,相澤, 原島, 斎藤
    分析合成画像符号化のための3次元構造モデルの構成
    昭63電子情報通信学会総合全国大会, D-95 (昭63-03)
  20. 岩田,森川,相澤, 原島, 斎藤
    構造モデルを用いた顔の特徴点抽出
    昭63電子情報通信学会総合全国大会, D-96 (昭63-03)
  21. 内山,森川,相澤, 原島, 斎藤
    分析合成画像符号化における顔画像の表情分析
    昭63電子情報通信学会総合全国大会, D-97 (昭63-03)
  22. 鈴木,森川,相澤, 原島, 斎藤
    分析合成符号化のための構造モデルに基づく顔画像の表情合成
    昭63電子情報通信学会総合全国大会, D-98 (昭63-03)
  23. 金子,森島,相澤,原島
    モデルに基づく口画像の分析合成-音声から画像へのメディア変換-
    昭63電子情報通信学会総合全国大会, D-101 (昭63-03)
  24. 向井,森島,相澤,原島
    モデルに基づく口画像の規則合成-テキストから画像へのメディア変換-
    昭63電子情報通信学会総合全国大会, D-102 (昭63-03)
  25. 森川,相澤, 原島, 斎藤
    動画像における3次元構造復元の基礎検討
    昭63電子情報通信学会秋季全国大会, SD-1-3 (昭63-09)
  26. 小山,相澤, 原島
    モデルに基づく分析合成符号化における顔の動き量の推定
    昭63電子情報通信学会秋季全国大会, SD-1-4 (昭63-09)
  27. 森島,相澤, 原島
    顔の知的画像符号化を利用した知的マンマシンインタフェース
    昭63電子情報通信学会秋季全国大会, SD-1-5 (昭63-09)
  28. 李,劉,李,愈,相澤,羽鳥
    音声を付加するテレテキスト
    昭63電子情報通信学会秋季全国大会, D-101 (昭63-09)
  29. 成田,岩田,相澤,羽鳥
    画像符号化へのニューラルネットの応用
    平1電子情報通信学会総合全国大会, D-130 (平1-03)
  30. 相澤
    構造モデルを用いた動き・変形分析
    平1電子情報通信学会総合全国大会, D-162 (平1-03)
  31. 小山,大山,相澤,原島
    3次元モデルを用いた顔画像の高速生成
    平1電子情報通信学会総合全国大会, D-174 (平1-03)
  32. 岩田,相澤,羽鳥
    領域分割記述に基づく画像表現とその応用に関する基礎検討
    TV学会全国大会, 19-18, pp.481-482 (平1-07)
  33. 岩田,相澤,羽鳥
    領域分割記述に基づくフレーム内挿方式
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-114 (平1-09)
  34. 丸山,大佐,相澤,羽鳥
    適応信号処理による常時誘導雑音除去
    電子情報通信学会秋季全国大会, B-146 (平1-09)
  35. 相澤
    画像の知的情報圧縮
    電子情報通信学会東海支部連合大会, pp.S-115-S-118 (平1-09)
  36. 李,羽鳥,相澤
    移動無線TDMA方式における状態分割型適応等化方式の性能評価
    電子情報通信学会春季全国大会, B-313 (平2-03)
  37. 岩田,相澤,羽鳥
    領域分割記述に基づくフレーム内挿方式
    電子情報通信学会春季全国大会, D-431 (平2-03)
  38. 泉,大佐,相澤,羽鳥
    適応信号処理を利用した常時誘導雑音除去
    電子情報通信学会春季全国大会, B-731 (平2-03)
  39. M.Ott, Enami, Hatori and Aizawa
    Need a New Video Effect? - Program it Yourself
    TV学会全国大会, pp.481-482 (平2-07)
  40. オット,ディシルバ,佐藤,相澤,羽鳥
    仮想ワークベンチと信号処理 - 構想と概要
    電子情報通信学会秋季全国大会, (平2-09)
  41. 佐藤,オット,ディシルバ,相澤,羽鳥
    仮想ワークベンチと信号処理 - ユーザインタフェース
    電子情報通信学会秋季全国大会, (平2-09)
  42. ディシルバ,オット,佐藤,相澤,羽鳥
    仮想ワークベンチと信号処理 - 制御部
    電子情報通信学会秋季全国大会, (平2-09)
  43. 大佐,相澤,羽鳥
    基準信号を利用したFMゴースト除去方式
    電子情報通信学会春季全国大会, (平3-03)
  44. ディシルバ,オット,佐藤,相澤,羽鳥
    動的リンクを用いた画像シュミレーションのための対話的環境
    電子情報通信学会春季全国大会, D-437 (平3-03)
  45. 小松,斉藤,相澤
    超高精細画像取得法の一検討 -高解像度化の理論限界
    電子情報通信学会春季全国大会, D-390 (平3-03)
  46. 小松,斉藤,相澤
    ステレオ画像を用いた超高精細画像の取得法
    TV学会全国大会, 3-12 (平3-07)
  47. 鄭,相澤,斉藤,羽鳥
    Biorthogonal Wavelet 変換を用いた画像符号化について
    TV学会全国大会, 17-2 (平3-07)
  48. 池田,羽鳥,相澤
    複数のフィルタを用いた高速適応アルゴリズムに関する検討
    電子情報通信学会秋季全国大会, A-80 (平3)
  49. 鄭,相澤,羽鳥,斉藤
    Biorthogonal Wavelet 変換を用いた画像符号化の特性評価
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-1351(平3)
  50. 小松,五十嵐,斉藤,相澤
    2台のカメラを用いた超高精細画像の取得法の検討
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-155 (平3)
  51. 鄭,相澤,羽鳥,斉藤
    フラクタルによる画像信号の解析に関する検討
    電子情報通信学会春季全国大会, D-261(平4-3)
  52. 小松,相澤,斉藤
    多眼画像処理による超高精細画像入力方式の検討(その1)-統合化のための処理
    電子情報通信学会春季全国大会, D-353 (平4)
  53. 小松,五十嵐,相澤,斉藤
    多眼画像処理による超高精細画像入力方式の検討(その2)-不均一標本点から均一標本点への変換
    電子情報通信学会春季全国大会, D-354 (平4-3)
  54. 鄭,相澤,羽鳥,斉藤
    ゼロ交差と付加情報を用いた画像の再構成について
    TV学会全国大会, 1-1 (平4-07)
  55. 五十嵐,小松,斉藤,相澤
    2台のカメラを用いた超高精細画像取得法の改善
    TV学会全国大会, 24-5 (平4-07)
  56. 鄭,相澤,斉藤,羽鳥
    画像の特徴情報を用いた階層的動きベクトル検出手法の検討
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-168 (平4)
  57. 渡辺,鄭,斉藤,相澤
    ウエーブレット変換領域におけるゼロ交差表現に基づく画像信号のライン間補間
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-175 (平4)
  58. 小松,五十嵐,相澤,斉藤
    多眼カメラを用いた高精細画像入力方式の改良その1-等解像度統合法によるSNRの改善
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-181(平4)
  59. 小松,五十嵐,相澤,斉藤
    多眼カメラを用いた高精細画像入力方式の改良その2-解像度の異なる画像の統合による高解像度化
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-182 (平4)
  60. 相澤,岩田,斉藤,羽鳥
    多重フレーム蓄積速度を利用した動き推定-コンピュテーショナルイメージセンサーのための一考察
    電子情報通信学会春季全国大会, D-291 (平5)
  61. 藤原,羽鳥,相澤
    焦点合わせの異なる複数画像からの鮮鋭画像再構成 -多焦点をもつ高機能カメラ
    電子情報通信学会春季全国大会, D-354 (平5)
  62. 五十嵐,小松,相澤,斉藤
    受光面形状の異なる複数のイメージセンサを用いた高精細画像の入力法
    エッジモデルを用いた性能評価, 電子情報通信学会春季全国大会, D-352 (平5)
  63. 小松,五十嵐,相澤,斉藤
    受光面形状の異なる複数のイメージセンサを用いた高精細画像の入力法,実画像を用いた性能評価
    電子情報通信学会春季全国大会, D-353(平5)
  64. 鄭,大網,相澤,斉藤,羽鳥
    エッジ情報に基づく動画像セグメンテーション
    電子情報通信学会春季全国大会, D-590(平5)
  65. 宝珠山,羽鳥,相澤
    再帰形窓を用いた選択射影適応アルゴリズム
    電子情報通信学会春季全国大会, (平5)
  66. 酒井,羽鳥,相澤
    RLSを用いたタップ選択アルゴリズム
    電子情報通信学会春季全国大会, (平5)
  67. M.シュレーゲル,羽鳥,相澤
    GaAs-MESFETを用いたCATV用光受信器の検討
    電子情報通信学会春季全国大会, (平5)
  68. デシルバ,相澤,羽鳥
    視線検出についての一検討とその視野制御への応用
    電子情報通信学会春季全国大会, (平5)
  69. 岩田,相澤,斉藤,羽鳥
    複数の撮像素子を用いる動き推定法
    テレビジョン学会全国大会, 10-4, pp.175-176(平5-7)
  70. 小松,相澤,斉藤
    受光面形状の異なる複数の撮像素子を用いた高精細画像入力法
    テレビジョン学会年次大会, 10-6, pp.179-180(平5-7)
  71. 酒井,羽鳥,相澤
    分数間隔等化器に関する一考察
    電子情報通信学会秋季全国大会, A-112,(平5-9)
  72. デシルバ,相澤,羽鳥
    SVWにおけるカメラの回転運動補正の検討
    電子情報通信学会秋季全国大会, A-177,(平5-9)
  73. 安芸,相澤,羽鳥
    下書き描画の自動清書の検討
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-244, (平5-9)
  74. ワテル,大野,相澤,羽鳥
    動画符号化のための光学的信号処理による動き推定の検討
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-178,(平5-9)
  75. 大網,鄭,相澤,羽鳥
    最小化手法を利用したブロックマッチング法の改善
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-176, (平5-9)
  76. 小松,相澤,斉藤
    多眼カメラを用いた高精細画像撮像方式の検討 周波数特性の解析
    電子情報通信学会秋季全国大会, D-207, (平5-9)