学術雑誌

  1. T. Yamasaki and K. Aizawa
    Motion Segmentation for Time-Varying Mesh Sequences Based on Spherical Registration
    EURASIP Journal on Advances in Signal Processing, Special Issue on 3DTV: Capture, Transmission and Display of 3D Video, Volume 2009, Article ID 346425, 9 pages doi:10.1155/2009/346425
  2. 唯野隆一,山崎俊彦,相澤清晴
    スケルトンを用いたTime-Varing Meshからの動き抽出と類似動作検索 (Motion Estimation for Time Varying Mesh and Similar Motion Retrieval)
    映像情報メディア学会誌, Vol.62, No.5, pp.792-742, May, 2008
  3. Jianfeng Xu, Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa
    Motion Editing for Time-Varying Mesh
    EURASIP Journal on Advances in Signal Processing, Volume 2009, Article ID 592812, 9 pages doi:10.1155/2009/592812
  4. Pham Viet Quoc, T. Miyaki, T. Yamasaki, and K. Aizawa
    Robust Object-Based Watermarking using Feature Matching
    IEICE Trans. Information and Systems, Volume 2009, Vol.E91-D,No.7 pp.2027-2034, July 2008
  5. 西岡潔郁,山崎俊彦,相澤清晴
    広域・分散マルチカメラサーベイランス映像における人物追跡の基礎検討 (Study on Human Tracking for Surveillance Video on Wide Area and Distributed Multi-Camera System)
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J91-D,No.8 pp.2029-2031, Aug. 2008
  6. 西岡潔郁,山崎俊彦,相澤清晴
    屋外・広域マルチカメラサーベイランスに向けた人物追跡と閲覧支援システム
    映像情報メディア学会誌, Vol.62, No.7, pp.997-1002, July, 2008
  7. 山崎俊彦,相澤清晴
    3Dcアルゴリズムに基づくノーマルマップ圧縮の誤差解析とそれに基づく非線形量子化の提案
    映像情報メディア学会誌, Vol.62, No.9, pp.1427-1434, Sep., 2008
  8. 北村圭吾,山崎俊彦,相澤清晴
    食事ログの取得と処理 -画像処理による食事記録- (Food Logging and Processing - Analysis of Food Images -)
    映像情報メディア学会誌, Vol.63, No.3, pp.376-379, Mar., 2009
  9. Jianfeng Xu, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Temporal Segmentation of 3D Video By Histogram-Based Feature Vectors
    IEEE Trans. Circuit and Systems for Video Technology, Accepted
  10. 井手一郎,北村圭吾,山崎俊彦,相澤清晴,青山秀紀,尾関基行,中村祐一,佐野睦夫,宮脇健三郎
    料理メディア ~台所におけるディジタルコンテンツの処理と利用~  (Cooking Media: Digital Content Processing and Application in the Kitchen)
    映像情報メディア学会誌, Vol.63, No.2, pp.156-160 (2009)

国際会議

  1. T. Yamasaki and K. Aizawa
    Error analysis of 3Dc-based normal map compression and its application to optimized quantization
    IEEE International Conf. Audio, Speech and Signal Processing (ICASSP2008), pp.1177-1180, IMDSP9.F3, March.30-Apr.4, 2008 Las Vegas, NE, Apr.
  2. T.Yamasaki, Hamazaki, K.Aizawa
    Interactive Refinement and Editting for Time-Varying Mesh
    3DTV-CON'08: THE TRUE VISION, CAPTURE, TRANSMISSION AND DISPLAY OF 3D VIDEO, pp.285-288, May 28-30, 2008, Istanbul, Turkey
  3. W. Puangpakisiri, T. Yamasaki, and K. Aizawa
    High Level Activity Annotation of Daily Experiences by a Combination of a Wearable Device and Wi-Fi Based Positioning System
    IEEE International Conference on Multimedia and Expo(ICME2008), pp.1421-1424, Jun.24-26, 2008, Hannover, Germany
  4. Ning Sung Lee, T.Yamasaki, K.Aizawa
    Hierarchical Mesh Decomposition and Motion Tracking for Time-Varying-Meshes
    IEEE International Conference on Multimedia and Expo(ICME2008), pp.1565-1568, Jun.24-26, Hannover, Germany
  5. T.Maeda, T.Yamasaki, K.Aizawa
    Model-Based Analysis and Synthesis of Time Varying Mesh
    Int. Conf. Articulated Motion and Deformable Objects (AMDO) 2008, Articulated Motion and Deformable Objects, LNCS 5098, Springer, pp.113-121, July 9-11, 2008, Port'd Andratx, Mallorca, Spain
  6. Ning Sung Lee, T.Yamasaki, K.Aizawa
    Motion Tracking of Time-Varying Mesh Through Surface Gradient Matching With Multi-Temporal Registration
    ACM SIGGRAPH 2008, Posters , Los Angeles, California, August 11 15, 2008
  7. S-R.Han, T.Yamasaki, K.Aizawa
    Geometry Compression for Time-Varying Mesh Using Coarse and Fine Levels of Quantization and Run-Length Encoding
    IEEE Int. Conf. Image Processing (ICIP2008), pp.1045-1048, Oct. 12-15, 2008
  8. Gamhewage C. de Silva, Kiyoharu Aizawa
    Enhanced Image Search Using Face Detection and Visual Queries
    ASIAGRAPH, 23-26 Oct. 2008, Odaiba, Tokyo
  9. Keigo Kitamura, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Food Log by Analyzing Food Images
    ACM Multimedia 2008 Demo Session, pp.999-1000, Oct.27-30, 2008, Vancouver, Canada
  10. Toshihiko Yamasaki, Yoshifumi Nishioka, Kiyoharu Aizawa
    Interactive Retrieval for Multi-Camera Surveillance Systems Featuring Spatio-Temporal Summarization
    ACM Multimedia 2008 Short Paper Session, pp.797-800, Oct.27-30, 2008, Vancouver, Canada
  11. Gamhewage Chaminda de Silva, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Face Detection and Visual Querying for Interactive Photo Retrieval
    3rd International Conference on Semantic and Digital Media Technologies, Dec.3-5, 2008, Koblenz, Germany
  12. Chaminda De Silva, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Embedded Tags and Visual Querying for Face Photo Retrieval
    Pacific Rim Conference on Multimedia 2008 (PCM2008), Dec.9-13, 2008, Tainan, Taiwan
  13. Gamhewage de Silva, Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa
    Sketch-on-Map : Spatial Queries for Retrieving Human Locomotion Patterns from Continuously Archived GPS Data
    International Multimedia Modeling Conference (MMM2009), Jan 7-9, 2009, Sophia-Antipolis, France

国内シンポジウム・研究会

  1. 北村圭吾,山崎俊彦,相澤清晴
    食事ログの取得と処理-画像処理による食事記録支援-
    デジタルコンテンツシンポジウム, 8.1, June 11-13, 2008, Makuhari
  2. 山崎俊彦, 中井泰雅, 相澤清晴
    非線形画像幾何変換攻撃に対応したオブジェクトベース電子透かしとWEBサービス展開
    電子情報通信学会, 画像工学研究会, pp.1-6, IE2008-33, July.14, 2008
  3. 葛西大佑, 山崎俊彦, 相澤清晴
    2次元動画像をクエリとするTime-Varying Meshの検索
    電子情報通信学会, 画像工学研究会, pp.13-18, IE2008-35, July.14, 2008
  4. 相澤清晴
    食と住のライフログ (招待講演)
    情報処理学会研究会報告 ユビキタスコンピューティングシステム, 2008-UBI-19, pp.58-65, July 17, 2008, Tokyo
  5. 北村圭吾,山崎俊彦,相澤清晴
    食事ログ:食事画像の類別と料理バランス推定
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008), IS2-14 July 29-31, 2008
  6. Ning Sung Lee, T.Yamasaki, K.Aizawa
    Motion Tracking through Surface Gradient Matching for Time-Varying Mesh
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008), IS1-41 July 29-31, 2008
  7. 相澤清晴
    3次元映像の圧縮と処理 (特別講演)
    電子情報通信学会, 画像工学研究会, IE2008-71, pp.1-6, Oct. 6, 2008
  8. 相澤清晴
    ライフログ:役にたつために (特別講演)
    情報処理学会関西支部支部大会, SC1-01, pp.84-85, Oct.24,2008, Kyoto
  9. 澤田耕司, 山崎俊彦, 相澤清晴
    アドホック通信による他者視点ライフログ画像の取得とその処理
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2008), I5-07, pp.127-128, Oct.29-31, 2008 Shuzenji
  10. 葛西大佑, 山崎俊彦, 相澤清晴
    2D動画によるTVM検索のためのクエリ生成
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2008), I3-01, pp.65-66, Oct.29-31, 2008 Shuzenji
  11. 相澤清晴
    画像処理とMPEG符号化 (招待)
    MPEG発足20周年記念行事 記念シンポジウム「MPEG20年と今後の展望」, 2008年11月8日
  12. 入江 豪, 日高浩太, 佐藤 隆, 小島 明, 相澤清晴
    消費者生成映像検索のための編集度順序推定法
    電子情報通信学会, パターン認識とメディア理解研究会
  13. 北村圭吾,山崎俊彦,相澤清晴
    食事画像の解析における特徴量選択の評価
    電子情報通信学会, 画像工学研究会, vol. 108, no. 425, IE2008-233, pp. 167-172, Feb.5 2009, Sapporo
  14. 入江 豪, 日高浩太, 佐藤 隆, 小島 明, 相澤清晴
    動画共有サイトにおける映像検索のための編集度順序によるランキング法の提案と評価
    インタラクション2009, pp.87-94, IPSJ Symposium Series, Vol.2009, No.4, Mar.4,5, 2009

国内大会

  1. 澤田耕司, 山崎俊彦, 相澤清晴
    アドホック通信を用いたライフログ取得システムの検討
    情報科学技術フォーラム, FIT2008, J-005,pp.411-412, Sep.2-4, 2008, Shonan Fujisawa
  2. 葛西大佑, 山崎俊彦, 相澤清晴
    2D動画クエリによるTVM検索のための特徴量の検討
    情報科学技術フォーラム, FIT2008, I-043,pp.285-286, Sep.2-4, 2008, Shonan Fujisawa
  3. G.C.De Silva, T.Yamasaki, K.Aiazawa
    Human Locomotion Segmentation by Constrained Hierarchical Clustering of GPS Data
    映像情報メディア学会年次大会, 21-2, Aug.27-29, 2008, Fukuoka
  4. 葛西大佑, 山崎俊彦, 相澤清晴
    DPマッチングの経路制限による2次元動画をクエリとしたTVM検索の精度向上
    電子情報通信学会 総合大会, D-11-35 Mar.17-20, 2009, Matsuyama
  5. 谷 直紀, 山崎俊彦, 相澤清晴
    コメント数の動的な変化を利用したCGM動画要約
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-5 Mar.17-20, 2009, Matsuyama
  6. 柴山悠毅, 山崎俊彦, 相澤清晴
    加速度センサによるクエリを用いたモーションキャプチャデータの検索
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-120 Mar.17-20, 2009, Matsuyama
  7. 山田健太郎, 山崎俊彦, 相澤清晴
    簡易スタジオでの背景処理にロバストなTime-Varying Mesh生成
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-83 Mar.17-20, 2009, Matsuyama
  8. 松濤智明, 山崎俊彦, 相澤清晴
    DCT高周波成分を用いたJPEG画像のリターゲッティング検出
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-16 Mar.17-20, 2009, Matsuyama
  9. 丸山悠斗, 山崎俊彦, 相澤清晴
    画像・コメントの分布情報に基づく集約型ライフログコンテンツの要約
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-30 Mar.17-20, 2009, Matsuyama
  10. 松村陽介, 山崎俊彦, 相澤清晴
    トラックログを用いたライフログの効率的な閲覧・要約・検索システム
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-29 Mar.17-20, 2009, Matsuyama

その他

  1. K.Aizawa
    3D Video Processing: Compression and Retireval of Time Varying Mesh (invited)
    Multi-View Image and Geometry Processing for 3D Cinematography, July 13-18, 2008, Banff, Canada
  2. K.Aizawa
    3D Video: Compression and Retrieval of Time Varying Mesh (invited)
    Todai Week at Tsinghua University: Joint Workshop on New Generation Network Archtecture, May,20, 2008
  3. 相澤清晴
    3次元映像処理 (invited)
    ナックフェア2008 TOKYO 明日をデザインする力 ~映像技術の無限の可能性を求めて~, 2008年6月5日 秋葉原
  4. 相澤清晴
    映像情報メディア学会誌について ふぉーかす(巻頭言)
    映像情報メディア学会誌, Vol.62, No.8, 2008
  5. 相澤清晴
    デジタルメディア技術の展望 -10年後の符号化技術-(巻頭言)
    三菱電機技報, Vol.82, No.12, p737, Dec.2008
  6. 古澤徹,渡井康行,山崎俊彦,相澤清晴
    見た目に基づくWebページ検索のための例示絞り込み検索 ~Webページの特徴に基づいた視覚的類似度尺度の提案~
    画像ラボ, Vol.19, No.8,pp.38-42, Aug. 2008
  7. スケッチによる行動履歴閲覧・検索システム (デモ展示)
    日本科学未来館 予感研究所2, 2008年7月26日~30日
  8. 文化を伝える・利用する -知的資産のための技術基盤- 成果報告会 (デモ展示)
    学術総合センター, 2009年1月14日
  9. キャンパス研究室訪問Vol23 ケータイで三次元映像!? ライフログで生活改善!? 映像・メディア情報処理の新境地をひらく
    情報通信ジャーナル,Vol.26,No.5, May 2008, 2008年5月
  10. 画像から食べ物を検出 健康管理に活用
    日経産業新聞,2008年7月15日
  11. 研究室・散歩 ライフログと画像処理
    東大は主張する 東京大学新聞年間 2007-08,2008年9月1日
  12. 主食や副菜自動分類
    日経産業新聞,2009年1月6日
  13. デジカメの画像で食生活を見直し 食べ物の画像を自動選別できる食事ログ
    日経TRENDY,2009年3月
  14. 信頼される映像を作り,100年後に資産として残る枠組みを
    公共放送インタビュー,2009年3月