学術雑誌

  1. Satoshi Ikehata, David Wipf, Yasuyuki Matsushita, Kiyoharu Aizawa
    Photometric Stereo using Sparse Bayesian Regression for General Diffuse Surfaces
    IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence(accepted)
  2. Kiyoharu Aizawa, Kazuki Maeda, Makoto Ogawa, Yohei Sato, Mayumi Kasamatsu, Kayo Waki, Hidemi Takimoto
    Comparative Study of the Routine Daily Usability of FoodLog: A Smartphone-based Food Recording Tool Assisted by Image Retrieval
    Journal of Diabetes Science and Technology (accepted)
  3. Zhipeng Wu, Kiyoharu Aizawa
    Self-Similarity-Based Partial Near-Duplicate Video Retrieval and Alignment
    International Journal of Multimedia Information Retrieval (accepted)
  4. Zhipeng Wu, Kiyoharu Aizawa
    Building Friend Wall for Local Photo Repository by Using Social Attribute Annotation
    Journal of Multimedia Vol. 9, No. 1, pp.4-12, Jan. 2014
  5. Kiyoharu Aizawa, Yuto Maruyama, He Li, Chamin Morikawa
    Food Balance Estimation by Using Personal Dietary Tendencies in a Multimedia Food Log
    IEEE Trans. Multimedia, VOL. 15, NO. 8, pp.2176-2185, DECEMBER 2013
  6. Kiyoharu AIZAWA
    Multimedia FoodLog: Diverse Applications from Self-Monitoring to Social Contributions (Invited)
    ITE Transactions on Media Technology and Applications pp.214-219, Vol.1, No. 3, 2013
  7. Weilan LUO, Toshihiko YAMASAKI, Kiyoharu AIZAWA
    Cooperative Estimation of Human Motion and Surfaces using Multiview Videos
    Computer Vision and Image Understanding, Volume 117, Issue 11, pp.1560-1574, November 2013
  8. T. Yamasaki, T. Matsunami, and T. Chen
    Human attribute analysis using a top-view camera based on two-stage classification
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E96-D, No.4, pp. 993-996, Apr. 2013
  9. T. Yamasaki, and T. Chen
    Relative-Distance-Based Soft Voting for Human Attribute Analysis using Top-View Images
    ITE Transactions on Media Technology and Applications, vol. 1, no. 2 p. 138-147, 2013
  10. T. Yamasaki and K. Aizawa
    SIFT-based non-blind watermarking robust to non-linear geometrical distortions
    IEICE Transactions on Information and Systems, 2013. (in press)
  11. 河村聡一郎,相澤清晴
    博物館来訪者の疎な位置情報からの経路推定
    電子情報通信学会論文誌 ,Vol.J96-D,No.4,Apr. 2013
  12. T. Yamasaki, T. Chen, T. Hirai, and R. Murakami
    Classification of Cerebral Lymphomas and Glioblastomas Featuring Luminance Distribution Analysis
    Computational and Mathematical Methods in Medicine, Special Issue on Computer-Aided Detection and Diagnosis in Medical Imaging, Volume 2013, Article ID 619658, 10 pages, 2013. (http://dx.doi.org/10.1155/2013/619658)
  13. Rajib Kumar Jha, Onakar Krishna, Kiyoharu Aizawa
    Dynamic Stochastic Resonance Applied to Watermark Extractionfrom Audio Signal in DWT Domain
    IET Signal Processing (accepted for publication)
  14. Rajib kumar jha, Badal Soni, K. Aizawa
    Dark and Low Contrast Image Enhancement Using Dynamic Stochastic Resonance in DCT Domain
    APSIPA Transactions on Signal and Information Processing (Cambridge University Press), Vol.2, pp.1-18, 2013
  15. Rajib kumar jha, Rajlaxmi Chouhan, K. Aizawa
    Logo Extraction from Audio Signals by Utilization of Internal Noise
    IETE Journal of Research,Vol.59, No.3,pp.274-282, 2013
  16. 鈴木陽一,榎並和雅,井ノ上直己,廣瀬通孝,相澤清晴
    超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)の新たな挑戦
    映像情報メディア学会, 2013.4
  17. 山崎俊彦
    クラウド・サービスを利用した研究・論文執筆のテクニック
    映像情報メディア学会誌,vol. 68, no. 3, pp. 238-241, 2014
  18. 山崎俊彦
    Microsoft Wordによる論文執筆のテクニック (1/3)~(3/3)
    映像情報メディア学会誌,vol.68, no.11, 2013 - vol.69, no.1, 2014
  19. 山崎俊彦
    ACM Multimedia 2013 (ACM MM ‘13)レポート
    映像情報メディア学会誌,vol. 68, no. 2, pp. 141-144, 2014

国際会議

  1. Kensuke Hisatomi, Kensuke Ikeya, Miwa Katayama, Yuichi Iwadate, Kiyoharu Aizawa
    Depth Estimation based on Stereo Camera Pairs of Color and Infrared using Cross-based Local Multipoint Filter
    3DSA (3D Systems and Applications),June 26-28, 2013, Osaka
  2. Ji-Ho Cho, Satoshi Ikehata, Hyunjin Yoo, Margrit Gelautz, Kiyoharu Aizawa
    Depth Map Upsampling using Cost Volume Filtering
    11th IEEE IVMSP Workshop : 3D Image/Video Technologies and Applications,S-3, June 10-12, 2013, Seoul, Korea
  3. T. Yamasaki
    Generation and Application of Time-Varying Meshes (invited)
    International Display Manufacturing Conference (IDMC),S13-1, Taipei, Taiwan, Aug. 27-30, 2013
  4. Satoshi Ikehata, Ji-Ho Cho, Kiyoharu Aizawa
    Depth Map Inpainting and Super-resolution based on Internal Statistics of Geometry and Appearance
    IEEE Int. Conf. Image Processing (ICIP2013) ,pp.928-942, Sep. 2013, Melbourne
  5. Sawahata Y, Komine K, Hiruma N, Aizawa K
    Inter-subject Correlation of fMRI Activity Reveals Comprehension of TV Programs
    Society for Neuroscience Annual Meeting (Neuroscience 2013),2013 Nov
  6. Kensuke Hisatomi, Kensuke Ikeya, Miwa Katayama, Yuichi Iwadate, Kiyoharu Aizawa
    Depth Estimation by Cost Volume with Spatial-temporal Cross-based Local Multipoint Filter by Projecting Infrared Patterns
    The 10th European Converence on Visual Media Production,Nov.6-7, 2013, London
  7. Kiia Korpi, Kiyoharu Aizawa
    Kanji Snap : an OCR-based Smartphone Application for Learning Japanese Kanji Characters
    ACM Multimedia 2013,pp.403-404, Oct.21-25, 2013, Barcelona
  8. Litian Sun, Kiyoharu Aizawa
    Action Recognition using Invariant Features under Unexampled Viewing Condition
    ACM Multimedia 2013,pp.389-392, Oct.21-25, 2013, Barcelona
  9. T. Yamasaki, A. Gallagher, and T. Chen
    Personalized Intra- and Inter-City Travel Recommendation Using Large-Scale Geo-Tagged Photos
    ACM Multimedia Workshop on Geotagging and Its Applications in Multimedia,pp. 25-30, October 21, 2013, Barcelona, Catalunya, Spain 2013
  10. Zhipeng Wu, Kiyoharu Aizawa
    PicWall: Photo Collage On-the-fly
    APSIPA Annual Summit and Conference 2013 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association,OS.9-IVM.4, Oct.29-Nov.1, 2013, Kaohsiung, Taiwan
  11. Yu-Hsun Lin , Ja-Ling Wu , Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa
    When Disparity meets Distance: HEVC Compression of Double-Faced Depth Map
    APSIPA Annual Summit and Conference 2013 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association,OS.9-IVM.4, Oct.29-Nov.1, 2013, Kaohsiung, Taiwan
  12. Shinya Miura, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    SNAPPER : Fashion Coordinate Image Retrieval System
    IEEE SITIS 2013 Workshop on Image/video based Interactive Systems and Environment (IVISE 2013),S2-IVISE, Dec. 2-5, 2013, Kyoto
  13. Kiyoharu Aizawa
    FoodLog: Multimedia Food Recording Tool (invited)
    International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2013),Dec. 13, Tokyo
  14. T. Yamasaki, A. Gallagher, and T. Chen
    Geotag-Based Travel Route Recommendation Featuring Seasonal and Temporal Popularity
    International Conference on Information, Communications and Signal Processing (ICICS),Fr23.1-P0357, Tainan, Taiwan, Dec. 10-13 2013
  15. Zhipeng Wu, Kiyoharu Aizawa
    Saliency Detection-Based Mixture of Reality and Non-Photorealistic Rendering Effects for Artistic Visualization
    Pacific Rim Conference on Multimedia (PCM2013),LNCS 8294, pp. 678?689, Dec.13-16, 2013, Nanjing, China

国内シンポジウム・研究会

  1. 高松幸広, 河村聡一郎, 相澤清晴, 小川誠
    Bag-of-Colorsを用いた食事画像認識,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)
    SS2-9, July 30-Aug.1, 2013, Tokyo
  2. 三浦慎也, 相澤清晴
    snapper:ファッションスナップサイトを用いたコーディネート画像検索システムの提案と実装
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),SS2-16, July 30-Aug.1, 2013, Tokyo
  3. 佐藤和博, 松井勇佑, 相澤清晴
    類似画像を用いたマンガの彩色,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)
    SS2-29, July 30-Aug.1, 2013, Tokyo
  4. Rene Teixeira, Kiyoharu Aizawa
    Multiplexed Acquisition of HDR Images by using Coded Aperture
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),SS4-11, July 30-Aug.1, 2013, Tokyo
  5. Zhipeng Wu, Kiyoharu Aizawa
    Photo Collage On-the-fly
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),SS4-15, July 30-Aug.1, 2013, Tokyo
  6. Satoshi Ikehata, Ji-Ho Cho, Kiyoharu Aizawa
    Depth Map Inpainting and Super-Resolution based on Internal Statistics of Geometry and Appearance
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),SS5-14, July 30-Aug.1, 2013, Tokyo
  7. 相澤清晴
    食のライフログの展開 (招待講演)
    電子情報通信学会 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会,EMM2013-59, p.37, Sep. 12, 2013, Kumamoto
  8. 相澤清晴,小川誠
    スマートフォン向けFoodLog
    電子情報通信学会 データ工学研究会・食メディア研究会,DE2013-45, pp.67-71, Sep. 13, 2013
  9. 相澤清晴
    マルチメディア食事ログ ver. 2.0
    情報処理学会 連続セミナー 2013 ビッグデータの深化と真価 「ライフログとビッグデータ」,pp.16-43, Oct. 3, 2013, Tokyo
  10. 久保友香,朏島一樹,山崎俊彦,相澤清晴
    等身大表示による衣服ログの着用追体験システムの構築
    エンターテインメントコンピューティングシンポジウム(EC2013),34-C1, pp.629-631, 2013, Osaka
  11. 山崎 俊彦,Andrew GALLAGHER,Tsuhan CHEN,相澤 清晴
    季節・時刻を考慮した大規模位置履歴からの都市内・都市間旅行推薦
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2013),I-4-15, Nov. 6-8, 2013, Yugawara, Kanagawa
  12. Zhipeng Wu Kiyoharu Aizawa
    MangaWall: Realtime Conversion of Natural image to Manga Image
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2013),I-2-14, Nov. 6-8, 2013, Yugawara, Kanagawa
  13. Rene Teixeira, Kiyoharu Aizawa
    Using coded masks to capture images with higher dynamic range
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2013),I-2-11, Nov. 6-8, 2013, Yugawara, Kanagawa
  14. 山崎俊彦, 佐野峻平, 相澤清晴
    シーン変化度の統計情報を用いたショートビデオのループ検出
    電子情報通信学会, 画像工学研究会,vol. 113, no. 469, IE2013-173, pp. 193-198, March 2014, Beppu
  15. 相澤清晴, 前田一樹, 小川 誠, 佐藤陽平, 笠松麻祐美
    スマートフォンFoodLogのユーザビリティの評価について
    電子情報通信学会ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会,vol. 113, no. 479, LOIS2013-64, pp. 59-63, March 2014, Ishigakijima
  16. 宇田川祐志, 相澤清晴, 小川 誠
    食事の距離の可視化とログデータに基づく個人の食傾向の直観的表示
    電子情報通信学会ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会,vol. 113, no. 479, LOIS2013-65, pp. 65-70, March 2014, Ishigakijima
  17. 加賀谷北斗, 相澤清晴, 小川 誠
    畳込みニューラルネットワークを用いた食事記録支援のための画像認識
    電子情報通信学会ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会,vol. 113, no. 479, LOIS2013-66, pp. 71-76, March 2014, Ishigakijima
  18. 佐藤和博, 松井勇佑, 山崎俊彦, 相澤清晴
    2次計画法によるマッチングを用いたマンガ彩色
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解研究会,vol. 113, no. 493, PRMU2013-169, pp. 7-12 March 2014, Tokyo
  19. 三浦慎也, 山崎俊彦, 相澤清晴
    SNAPPER:画像検索を用いたファッションコーディネート支援システム
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解研究会,vol. 113, no. 493, PRMU2013-195, pp. 163-168, March 2014, Tokyo
  20. 山崎俊彦, 前田嵩樹, 相澤清晴
    確信度処理による正誤判定と2段階識別による一般物体認識
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解研究会,vol. 113, no. 493, PRMU2013-197, pp. 173-178, March 2014
  21. 朏島一樹,久保友香,山崎俊彦,相澤清晴
    顔検出・合成による衣服コーディネート等身大表示システム
    情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会,March 14-15, 2014

国内大会

  1. 大谷智子,徐シン,加藤恒夫,相澤清晴
    キャラクタの印象がユーザの許容度に与える影響 ~音声対話アプリケーションを用いた検証~
    日本バーチャルリアリティ学会 第18回大会,2013, Osaka
  2. 三浦慎也, 相澤清晴
    snapper:ファッションスナップサイトを用いたコーディネート画像検索システムの提案と実装,情報科学技術フォーラム
    FIT2013,H-026, Sep.4-6, 2013, Tottori
  3. 朏島一樹, 久保友香,相澤清晴, 山﨑俊彦
    衣服コーディネート追体験システムの提案と実装,情報科学技術フォーラム
    FIT2013,K-007, Sep.4-6, 2013, Tottori
  4. 佐藤 和博,松井 勇佑,相澤 清晴
    類似画像を用いたマンガの彩色,情報科学技術フォーラム
    FIT2013,H-039, Sep.4-6, 2013, Tottori
  5. 古田諒佑・池畑 諭・山崎俊彦・相澤清晴
    領域分割・投票によるコストボリュームフィルタリングの高速化
    映像情報メディア学会冬季大会 ,6-11, Dec.18,19, 2013, Tokyo
  6. 前田嵩樹, 山崎俊彦, 相澤清晴
    多クラス分類器の確信度処理による詳細な正誤判定
    映像情報メディア学会冬季大会 ,7-11, Dec.18,19, 2013, Tokyo
  7. 宇田川祐志, 相澤清晴, 小川 誠
    食事間距離を用いた可視化と個人の食傾向の表示
    電子情報通信学会 総合大会,A-16-15, Mar.18-21, 2014, Niigata
  8. 伊神大貴, Rene M. A. Teixeira, 山崎俊彦, 相澤清晴, 長原 一
    符号化開口を用いたデフォーカスによるダイナミックレンジ拡大手法
    電子情報通信学会 総合大会,D-11-26, Mar.18-21, 2014, Niigata
  9. 向井寛人, 山崎俊彦, 相澤清晴
    大規模画像を用いたメタデータ処理と類似画像検索による写真撮影支援
    電子情報通信学会 総合大会,D-12-13, Mar.18-21, 2014, Niigata
  10. 緑川慶祐, 池畑 諭, 山崎俊彦, 相澤清晴
    陰影を用いた単一画像からのインタラクティブな三次元復元
    電子情報通信学会 総合大会,D-12-31, Mar.18-21, 2014, Niigata
  11. 前田嵩樹, 山崎俊彦, 相澤清晴
    多クラス分類器の確信度処理と多段階認識処理による一般物体認識の精度改善
    電子情報通信学会 総合大会,D-12-41, Mar.18-21, 2014, Niigata
  12. 伊東浩太, 相澤清晴, 山崎俊彦
    縮小画像のBag-of-Colorsを用いた材質認識
    電子情報通信学会 総合大会,D-12-44, Mar.18-21, 2014, Niigata
  13. 加賀谷北斗, 相澤清晴, 小川 誠
    Convolutional Neural Networksを用いた食事画像認識
    電子情報通信学会 総合大会,D-12-46, Mar.18-21, 2014, Niigata
  14. 荒巻祐治, 松井勇佑, 山崎俊彦, 相澤清晴
    漫画におけるオブジェクトの選択的抽出
    電子情報通信学会 総合大会,D-12-47, Mar.18-21, 2014, Niigata
  15. 松本大輝, 松井勇佑, 山崎俊彦, 相澤清晴
    フィッシャーベクターと属性を用いたイラスト画像の著者同定とクラスタリング
    電子情報通信学会 総合大会,D-12-48, Mar.18-21, 2014, Niigata
  16. 古田諒佑, 池畑 諭, 山崎俊彦, 相澤清晴
    多段階処理によるコストボリュームフィルタリングの高速化
    電子情報通信学会 総合大会,D-12-61, Mar.18-21, 2014, Niigata

メディア・展示

  1. Photometric Stereo using Sparse Bayesian Regression for General Diffuse Surfaces
    MSRA Japan CORE Project Workshop 2013, May 23 2013
  2. Sketch based Manga Retrieval,May 23 2013
    MSRA Japan CORE Project Workshop 2013, May 23 2013
  3. PicWall : Photo Collage On the Fly
    超臨場感コミュニケーションシンポジウム 展示, May 27 2013
  4. FoodLog
    食育推進全国大会,June 22,23, 2013, Hiroshima
  5. 食に関するライフログの共有技術基盤
    JST CREST領域会合, Sep.29, 2013
  6. FoodLog
    国立健康・栄養研究所,オープンハウス展示,Oct.12, 2013
  7. 情報学による未来社会のデザインにて展示,食に関するライフログの共有技術基盤
    JSTシンポジウム:Oct.15, 2013, Tokyo
  8. 「みらいの ふつうの つくりかた」,FoodLog
    日本科学未来館オープンラボ2013,Dec. 14,15, 2013, Tokyo
  9. [Lab:037]東京大学 相澤・山崎研究室,MATOGROSSO
    にっぽんスゴッ研究所
  10. 世界初の食事画像認識技術で支援する食事記録アプリ「FoodLog」を7月17日に無料でリリース!
    プレスリリース,2013/7/17
  11. FoodLog:Calorie Counter 写真で手軽に食事記録&カロリー管理
    App Store,2013/7/17 朝日デジタル等,26件のWebニュースでの掲載
  12. 写して簡単カロリー計算
    朝日新聞,2013/9/7
  13. フードログ
    読売テレビ ウエークアップ!プラス,2013/9/14
  14. 私の日常記録したい
    日経プラスワン,2013/9/21
  15. FoodLog:Calorie Counter 写真で手軽に食事記録&カロリー管理
    Android market,2013/10/1
  16. 今週のイチオシアプリ FoodLog Android
    週間アスキー,2013/11/19
  17. SNSとビッグデータ
    週間金融財政事情,2013/8/19
  18. これぞ撮るダイエット? 食事の写真でカロリーがどれくらいか教えてくれるアプリ『FoodLog』
    LifeHacker, 2014/3/11