学術雑誌

  1. Kayo Waki, Kiyoharu Aizawa, Shigeko Kato, Hideo Fujita, Hanae Lee, Haruka Kobayashi, Makoto Ogawa, Keigo Mouri, Takashi Kadowaki, Kazuhiko Ohe
    DialBetics with a Multimedia Food Recording Tool, FoodLog: Smartphone-based Self-management for Type 2 Diabetes
    Journal of Diabetes Science and Technology, Vol. 9, No.3 pp.534-540, May 2015
  2. Kiyoharu Aizawa, Makoto Ogawa
    FoodLog: Multimedia Tool for Healthcare Applications
    IEEE MultiMedia, vol. 22, no. 2 pp.4-9, Apr.-June 2015
  3. 山崎俊彦,中村新芽,相澤清晴
    RGB-Dカメラを使用した顔モデルのリアルタイム生成・合成による顔向き補正
    映像情報メディア学会誌, Vol.69, No.8, pp.J231-J236, 2015
  4. 山崎俊彦, 中野雄介,相澤清晴
    主観評価に基づく3次元モデルの圧縮品質とプリント品質の関係性予測
    映像情報メディア学会誌, Vol.69, No.8, p.J253-J256, 2015
  5. 山崎俊彦,大島辰之輔,相澤清晴
    多クラスへの中間出力値を用いた多クラス認識のための確信度処理
    映像情報メディア学会誌, Vol.69, No.8, pp.J257-J260, 2015
  6. 相澤清晴
    自己管理のためのマルチメディア食事記録ツールFoodLogとそのデータの評価と解析
    電子情報通信学会誌, Vol.99, No.2, pp.124-129, Feb. 2016
  7. Yusuke Matsui, Takaaki Shiratori, Kiyoharu Aizawa
    DrawFromDrawings: Creativity Assistance in 2D Drawing via Stroke Interpolation with a Sketch Database
    IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (accepted)
  8. Kensuke Hisatomi, Masanori Kano, Kensuke Ikeya, Miwa Katayama, Tomoyuki Mishina, Yuichi Iwadate, Kiyoharu Aizawa
    Depth Estimation Using an Infrared Dot Projector and an Infrared Color Stereo Camera
    IEEE Trans. Circuit and Systems for Video Technology, (accepted)
  9. 福島悠介, 山崎俊彦, 相澤清晴
    文書と音声解析に基づくプレゼンテーション動画の印象予測
    電子情報通信学会論文誌 D, (採録)

国際会議

  1. K.Aizawa, M.Kasamatsu, S.Amano, M.Ogawa
    FoodLog: Quality Evaluation of Food Records of General Public Using a Multimedia Food Recording Tool
    Asian Congress of Nutrition ACN 2015, OS05-2, Mp.128, May 14-18, 2015
  2. S.Kato, K.Waki, H.Lee, K.Aizawa, M.Ogawa, H.Kobayashi, T.Kadowaki, H.Fujita, K.Ohe
    Evaluating the Accuracy of Food Consumption Input by Diabetes Patients into Dialbetics with FoodLog, a Multimedia Food Recording Tool
    a Multimedia Food Recording Tool, Asian Congress of Nutrition ACN2015, PS-01-p-206
  3. Sosuke Amano, Kiyoharu Aizawa, Makoto Ogawa
    Food Category Representatives: Extracting Categories from Meal Names in Food Recordings and Recipe Data
    IEEE Int. Conf. Multimedia Big Data 2015, pp.48-55, DOI 10.1109/BigMM.2015.54, Apr.19-22, 2015, Beijing. China
  4. Kota Ito, Yusuke Matsui, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Separation of Manga Line Drawings and Screentones
    Eurographics 2015, Short Paper, pp.73-76, Zürich, Switzerland
  5. Kiyoharu Aizawa
    FoodLog: Multimedia Tool for Healthcare Applications (Keynote Address)
    IACT Conferences, June 1-2, 2015, Brunei Darussalam, Brunei
  6. Hokuto Kagaya, Kiyoharu Aizawa
    Highly Accurate Food/Non-Food Image Classification based on a Deep Convolutional Neural Network
    1st International Workshop on Multimedia Assisted Dietary Management (In conjunction with the 18th International Conference on Image Analysis and Processing), pp.350-357, September 8th 2015
  7. Samu Kovanen, Kiyoharu Aizawa
    A Layered Method For Determining Manga Text Bubble Reading Order
    IEEE Int. Conf. Image Processing (ICIP2015) , ELI-O8.6, Sep.27-30, 2015, Quebec City, Canada
  8. Nguyen Anh Tuan, Yusuke MATSUI, Toshihiko YAMASAKI, Kiyoharu AIZAWA
    Searching for Nearest Neighbors with a Dense Space Partitioning
    IEEE Int. Conf. Image Processing (ICIP2015) , ARS-O7.5, Sep.27-30, 2015, Quebec City, Canada
  9. Rene TEIXEIRA, Kiyoharu AIZAWA
    Repositioning the Salient Region of Videos by using Active Illumination
    IEEE Int. Conf. Image Processing (ICIP2015) , COM-P4.1, Sep.27-30, 2015, Quebec City, Canada
  10. Toshihiko Yamasaki, Jiani Hu, Kiyoharu Aizawa, Tao Mei
    Power of Tags: Predicting Popularity of Social Media in Geo-Spatial and Temporal Contexts
    Pacific Rim Conference on Multimedia (PCM 2015), pp.149-158, September 16-18, 2015, Gwangju, Korea (invited)
  11. Tuan Anh Nguyen, Yusuke Matsui, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Selective K-means Tree Search
    ACM Multimedia, Short paper, pp.875-878, Oct. 26-30, 2015, Brisbane, Australia
  12. Yusuke Matsui
    Challenge for Manga Processing: Sketch-based Manga Retrieval
    ACM Multimedia Doctoral Symposium, pp.661-664, Oct. 26-30, 2015, Brisbane, Australia
  13. Saemi Choi, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    An Interactive System based on Yes-No Questions for Affective Image Retrieval
    ACM Multimedia Workshop Affect and Sentiment in Multimedia (ASM), pp.33-38, Oct. 26-30, 2015, Brisbane, Australia
  14. Toshihiko Yamasaki, Yusuke Fukushima, Ryosuke Furuta, Litian Sun, Kiyoharu Aizawa, Danushka Bolegalla
    Prediction of User Ratings of Oral Presentations using Label Relations
    ACM Multimedia Workshop Affect and Sentiment in Multimedia (ASM), pp.45-50, Oct. 26-30, 2015, Brisbane, Australia
  15. Kensuke Hisatomi, Kensuke Ikeya, Miwa Katayama, Yuichi Iwadate, Kiyoharu Aizawa
    Depth Estimation Based on an Infrared Projector and an Infrared Color Stereo Camera by Using Cross-based Dynamic Programming with Cost Volume Filter
    3DV (International Conference on 3D Vision) 2015, pp.580 - 588, 19-22 Oct. 2015, Lyon, France
  16. Yusuke Matsui, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    PQTable: Fast Exact Asymmetric Distance Neighbor Search for Product Quantization using Hash Tables
    IEEE Int. Conf. Computer Vision (ICCV) 2015, pp.1940-1948, Dec.11-18, 2015, Santiago, Chile
  17. Litian Sun, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Personal Rating Prediction for On-line Video Lectures using Gaze Information
    Int. Conf. Information, Communications and Signal Processing (ICICS 2015), Th32.3, Dec.2-4, 2015, Singapore
  18. Yuji Aramaki, Yusuke Matsui, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Interactive Segmentation for Manga using Lossless Thinning and Coarse Labeling
    APSIPA Annual Summit and Conference 2015 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association, pp.293-296, Dec.16-19, 2015, Hong Kong
  19. Masaki Saito, Yusuke Matsui
    Illustration2Vec: A Semantic Vector Representation of Illustrations
    SIGGRAPH Asia Technical Brief, Nov. 3-5, 2015, Kobe, Kobe Convention Center
  20. T. Yamasaki, S. Sano, and T. Mei
    Revealing Relationships between Folksonomy and Social Popularity Score in Image/Video Sharing Services
    IEEE International Conference on Consumer Electronics-Taiwan (ICCE-TW), pp. 29-30, Taipei, Taiwan, June 6-8 2015. (invited)
  21. T. Yamasaki
    Future Design and User Navigation Using Big Multimedia Data
    The 1st International Conference on Advanced Imaging (ICAI), Tokyo, June 17-19, 2015. (invited)
  22. T. Yamasaki, I. Nakamura, and K. Aizawa
    Real-time face model reconstruction and synthesis using an RGB-D camera and its subjective evaluation
    Proc. IEEE International Symposium on Multimedia (ISM), 13-1, pp. 53-56, Miami, Florida, Dec. 14-16, 2015.

国内シンポジウム・研究会

  1. 崔セミ,山崎俊彦,相澤清晴
    YES-NO質問に基づいた画像の感性的な検索
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会, 信学技報, vol. 115, no. 125, MVE2015-18, pp. 63-67, July 2-3, 2015, Tokyo
  2. Jiani HU,Toshihiko Yamasaki,Kiyoharu Aizawa,Tao Mei
    Spatial and Temporal Analysis of Influential Tags on Social-Popularity in Image Sharing Services
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会, 信学技報, vol. 115, no. 125, MVE2015-20, pp. 73-78, July 2-3, 2015, Tokyo
  3. 堀口翔太, 相澤清晴, 小川 誠
    GrabCutを用いた検出窓候補の選択的削減
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), SS2-35, July 26-30, 2015, Osaka
  4. 小宮山遼太, 天野宗佑, 相澤清晴, 小川 誠
    食事名の要約表現と協調フィルタリングを用いた個人の食傾向予測
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS5-20, July 26-30, 2015, Osaka
  5. グェン アン トゥアン, 松井 勇佑, 山崎 俊彦, 相澤 清晴,
    複数近傍を用いた密な空間分割による最近傍探索
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS2-21, July 26-30, 2015, Osaka
  6. 緑川 慶祐, 山崎 俊彦, 相澤 清晴
    主成分分析に基づく未校正照度差ステレオ
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS4-13, July 26-30, 2015, Osaka
  7. 伊神 大貴, 山崎 俊彦, 相澤 清晴
    L0ノルムの新しい近似手法とロバスト推定への応用
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS3-19, July 26-30, 2015, Osaka
  8. 崔セミ,山崎俊彦,相澤清晴
    質問自動生成による感性画像検索システム
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), DS2-12, July 26-30, 2015, Osaka
  9. Jiani HU,Toshihiko Yamasaki,Kiyoharu Aizawa,Tao Mei
    How Popular Will Your Uploaded Image Be: Social Popularity Estimation in Image Sharing Services Using Text Tags Only
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS2-10, July 26-30, 2015, Osaka
  10. 藤本東,松井勇佑,山崎俊彦,相澤清晴,
    ラフスケッチの線画化と評価の検討
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS5-16, July 26-30, 2015, Osaka
  11. 山本安里彩,久保友香,山崎俊彦,相澤清晴,稲垣涼子,
    色・幾何的特徴量を用いた化粧傾向の分類
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS5-14, July 26-30, 2015, Osaka
  12. 本間拓人,山崎俊彦,相澤清晴
    粒子群最適化を用いた深層学習のアーキテクチャ自動最適化
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS2-37, July 26-30, 2015, Osaka
  13. 福島悠介, 山崎俊彦, 相澤清晴
    ソフトクラスタリングを用いたプレゼンテーションの印象推定精度の改善
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS2-36, July 26-30, 2015, Osaka
  14. Meng-Jiun Chiou, Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa
    A Fast Method of Visual Words Assignment of Bag-of-Features for Object Recognition
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS4-40, July 26-30, 2015, Osaka
  15. 久保友香
    女性がコミュニケーションのために外見を変化させることを支援する技術:シンデレラテクノロジー
    電子情報通信学会ソサイエティ大会,BI-7-3,Sep.8-11,2015,Sendai
  16. 古田 諒佑, 福島 悠介, 山崎 俊彦, 相澤 清晴
    マルコフ確率場に基づくラベルの関係性を考慮したマルチラベル分類
    情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, Sep.14-15, 2015, Matsuyama
  17. 加賀谷北斗, 堀口翔太, 天野宗佑, 相澤清晴, 小川誠
    階層的な食事分類に関する基礎検討
    電子情報通信学会 データ工学研究会, Sep.24-25, Tokyo
  18. 久保友香,稲垣涼子,新本祐一,相澤清晴
    若年女性が目指す「盛れてる」顔の客観的評価手法の検討 -「目の大きさ」「肌の明るさ」との関係性-
    日本色彩学会コスメティクスと肌・顔研究会, Oct. 9, 2015, Tokyo
  19. 伊神大貴,山崎俊彦,相澤清晴
    L0ノルムの新しい近似手法とロバスト行列分解への応用
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2015), I-1-09, pp.38-39, Nov.18-20, 2015, Shuzenji, Laforet Shuzenji
  20. 王若聞,山崎俊彦,相澤清晴
    局所パッチの特徴記述によるファッションスタイル分類
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2015), I-1-10, pp.40-41, Nov.18-20, 2015, Shuzenji, Laforet Shuzenji
  21. 松井勇佑,山崎俊彦,相澤清晴
    PQTable: ハッシュテーブルを用いたプロダクト量子化ベクトルの高速探索
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2015), I-2-01, pp.58-59, Nov.18-20, 2015, Shuzenji, Laforet Shuzenji
  22. 山崎俊彦,福島悠介,古田諒佑,相澤清晴
    文書・音声特徴によるリアルタイム・プレゼンテーション解析に向けた検討
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2015), I-3-10, pp.82-83, Nov.18-20, 2015, Shuzenji, Laforet Shuzenji
  23. 緑川慶佑,山崎俊彦,相澤清晴
    主成分分析に基づく等方性反射物体を対象とした未校正照度差ステレオ
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2015), I-3-18, pp.98-99, Nov.18-20, 2015, Shuzenji, Laforet Shuzenji
  24. 古田諒佑,山崎俊彦,相澤清晴
    高階エネルギーのMRF最適化によるラベル共起を考慮したマルチラベル分類
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2015), I-4-13, pp.124-125, Nov.18-20, 2015, Shuzenji, Laforet Shuzenji
  25. 本間拓人,山崎俊彦,相澤清晴
    畳み込みニューラルネットワークの最適化に関する探索の効率化
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム(PCSJ・IMPS2015), I-4-14, pp.126-127, Nov.18-20, 2015, Shuzenji, Laforet Shuzenji
  26. 久保友香
    シンデレラテクノロジー
    一般社団法人日本オプトメカトロニクス協会 デジタル・イメージング技術部会,15-3,Dec 2015,Tokyo
  27. 荒巻祐治,松井勇佑,山崎俊彦,相澤清晴
    拡張グルーピングと深層特徴を用いた漫画における文字領域検出の改善
    電子情報通信学会 HCGシンポジウム 2016, B-1-2, pp.7-11, Dec.16-18, 2015, Toyama
  28. 伊東浩太,松井勇佑,山崎俊彦,相澤清晴
    グラフを用いた漫画画像の領域選択
    電子情報通信学会 HCGシンポジウム 2016, B-1-1, pp.1-6, Dec.16-18, 2015, Toyama
  29. 相澤清晴,山崎俊彦,松井勇佑,伊東浩太,荒巻祐治,藤本 東,小川 徹
    漫画画像処理プロジェクト 〜 Manga109データセットについて〜
    電子情報通信学会 HCGシンポジウム 2016, B-2-1, pp.69-73, Dec.16-18, 2015, Toyama
  30. 久保友香
    女の子の外見を魅力的に変化させる先端技術:シンデレラテクノロジー
    シンポジウムシンデレラテクノロジー,Jan 2016,Tokyo
  31. 加賀谷北斗,相澤清晴,小川 誠
    階層構造を導入した深層学習とメタデータを利用した一般食事画像の検出と認識
    電子情報通信学会 画像工学研究会, Feb. 2016, Sapporo, Hokkaido
  32. 本間拓人,山崎俊彦,相澤清晴,川崎順平,茶谷亮裕,進藤俊彦
    カスケード型識別器と進化計算による自動最適化CNNを用いたハイブリッド画像認識
    電子情報通信学会 画像工学研究会, Feb. 2016, Sapporo, Hokkaido
  33. 伊神大貴,山崎俊彦,相澤清晴
    固有値最小化問題に基づく高速かつロバストなカメラ姿勢推定
    電子情報通信学会 画像工学研究会, Feb. 2016, Sapporo, Hokkaido
  34. 王 若聞,崔 セミ,山崎俊彦,相澤清晴
    スタイル記述子によるファッションコーディネートの感性評価
    電子情報通信学会 画像工学研究会, Feb. 2016, Sapporo, Hokkaido
  35. 古田諒佑,福島悠介,山崎俊彦,相澤清晴
    高階MRFによるクラス間の共起情報を用いたマルチラベル分類の精度改善
    電子情報通信学会 画像工学研究会, Feb. 2016, Sapporo, Hokkaido
  36. 緑川慶祐,山崎俊彦,相澤清晴
    画像生成モデルのトレーニングに基づく未校正照度差ステレオ
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会, Mar. 2016, Okinawa
  37. 荒巻祐治,松井勇佑,山崎俊彦,相澤清晴
    漫画における文字領域の検出と認識
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会, Mar. 2016, Okinawa
  38. Ryosuke Furuta, Yusuke Fukushima, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    MRF-Based Multi-Label Classification using Label Relations
    情報処理学会・第198回コンピュータビジョンとイメージメディア研究発表会(CVIM), Vol. 2015-CVIM-198, No. 16, 愛媛大学, Sep. 14-15, 2015
  39. 山崎俊彦
    ビッグ・マルチメディア・データ処理による「魅力」解析
    電子情報通信学会, 信学技報,マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), vol. 115, no. 479, EMM2015-93, pp. 99-104, 屋久島環境文化村センター, 屋久島, 鹿児島, Mar 2-3, 2016. (invited)
  40. 山﨑俊彦
    映像メディア処理のこれから
    IMPS20回特別企画「パネル討論:映像メディア処理のこれから」, 2015年度映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2015), Iラフォーレ修善寺, Sizuoka, Shuzenji, Nov. 19, 2015
  41. T. Yamasaki
    Attractiveness Computing in Multimedia
    Future Trends in Social (Visual) Media Analysis, Singapore, Dec. 4, 2015 (invited)

国内大会

  1. 久保友香,稲垣涼子,新本祐一,相澤清晴
    女性が目指す「盛れてる」顔の客観的評価手法の検討
    フォーラム顔学2015(日本顔学会), O3-2, Sep..12,13, 2015, Nagoya
  2. 荒巻祐治, 松井勇佑, 山崎俊彦, 相澤清晴
    連結成分に基づいた漫画における文字領域の検出
    映像情報メディア学会年次大会 , 32C-1, Aug.26-28, Tokyo
  3. 伊東浩太, 相澤清晴, 山崎俊彦
    学術漫画データベースのためのアノテーションツール
    映像情報メディア学会年次大会 , 23A-1, Aug.26-28, Tokyo
  4. 邱盟竣,山崎俊彦,相澤清晴
    A Fast Table-Based Approach of Bag-of-Features for Large-Scale Image Classification
    映像情報メディア学会年次大会 , 24A-1, Aug.26-28, Tokyo
  5. 小澤真里奈・山崎俊彦・相澤清晴
    大規模メタデータ処理に基づく気温・天気を考慮した旅行ルート推薦
    映像情報メディア学会年次大会 , 31C-4, Aug.26-28, Tokyo
  6. 中村新芽, 山崎俊彦, 相澤清晴
    デプスカメラを用いた個人向けビデオチャットにおけるロバストな視線補正
    映像情報メディア学会年次大会 12-2, Aug 31st – Sep.2,2014, Osaka
  7. Litian Sun, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Prediction of subjective impression labels of TED talks based on viewers' gaze information
    映像情報メディア学会年次大会 , 32C-4, Aug.26-28, Tokyo
  8. 崔セミ,山崎俊彦,相澤清晴
    質問応答による感性画像検索おけるユーザ行動分析
    映像情報メディア学会年次大会 , 12C-3, Aug.26-28, Tokyo
  9. 加賀谷北斗, 相澤清晴, 小川 誠
    メタデータを利用した食事画像認識の改善
    映像情報メディア学会年次大会 , 31B-3, Aug.26-28, Tokyo
  10. 前田一樹,相澤清晴,小川誠
    食事記録ツールFoodLogにおける食事情報のWeb検索機能の実現
    映像情報メディア学会年次大会 , 31C-3, Aug.26-28, Tokyo
  11. Ruowen WANG, Toshihiko YAMASAKI, Kiyoharu AIZAWA
    Fashion style evaluation model considering partial color and texture feature
    映像情報メディア学会年次大会 , 31B-4, Aug.26-28, Tokyo
  12. 藤枝 慎・山崎俊彦・相澤清晴
    時間連続性を考慮した動画からの人物の姿勢推定
    映像情報メディア学会冬季大会 , 14C-3, Dec.15,16, 2015, Tokyo
  13. 藤枝 慎・山崎俊彦・相澤清晴
    時間連続性を考慮した動画からの人物の姿勢推定
    映像情報メディア学会冬季大会 , 14C-3, Dec.15,16, 2015, Tokyo
  14. 山本真史・山崎俊彦・相澤清晴
    レビュー・レビュー間類似度とレビュー・店舗間類似度に基づく店舗推薦
    映像情報メディア学会冬季大会 , 14C-4, Dec.15,16, 2015, Tokyo
  15. 福島悠介・山崎俊彦・相澤清晴
    番組情報と出演者の話題性を考慮したテレビドラマの視聴率予測
    映像情報メディア学会冬季大会 , 14C-5, Dec.15,16, 2015, Tokyo
  16. 井上直人・古田諒佑・山崎俊彦・相澤清晴
    クラス間の共起情報を用いた物体検出結果のフィルタリング
    映像情報メディア学会冬季大会 , 14C-6, Dec.15,16, 2015, Tokyo
  17. 小川 徹,山崎俊彦,相澤清晴
    イラスト制作支援に向けたラフ画像の線画化
    情報処理学会全国大会, 2N-04, Mar.10-12, 2016, Hiyoshi, Yokohama
  18. 石見和也,山崎俊彦,相澤清晴
    小型クアッドコプターの低品質映像に適したSLAMの比較検討
    情報処理学会全国大会, 6N-09, Mar.10-12, 2016, Hiyoshi, Yokohama
  19. 安沢昌志,天野宗佑,山肩洋子,山崎俊彦,相澤清晴,小川 誠
    食事記録に対するWeb検索結果を利用した代表的食事名の導出
    情報処理学会全国大会, 1N-03, Mar.10-12, 2016, Hiyoshi, Yokohama
  20. 石坂 隼,山崎俊彦,相澤清晴,酒澤茂之
    画像の品質への影響を抑えた顕著性の制御
    情報処理学会全国大会, 7N-01, Mar.10-12, 2016, Hiyoshi, Yokohama
  21. 井上直人・古田諒佑・山崎俊彦・相澤清晴
    類似シーン画像の統計情報に基づく物体検出のフィルタリング
    情報処理学会全国大会, 2N-01, Mar.10-12, 2016, Hiyoshi, Yokohama
  22. 大原康平,山崎俊彦,相澤清晴
    間取りや広さをクエリとする直感的な不動産検索システム
    情報処理学会全国大会, 5Y-08, Mar.10-12, 2016, Hiyoshi, Yokohama
  23. 山本真史,山崎俊彦,相澤清晴
    Bag of Words とskip-gram併用によるレビュー・店舗間類似度評価とそれに基づく店舗推薦
    情報処理学会全国大会, 7K-01, Mar.10-12, 2016, Hiyoshi, Yokohama
  24. 藤枝 慎・山崎俊彦・相澤清晴
    高速な物体検出手法を用いた動画からの効率的な人物姿勢推定
    情報処理学会全国大会, 2M-03, Mar.10-12, 2016, Hiyoshi, Yokohama

書籍

  1. Kiyoharu Aizawa
    FoodLog: Multimedia Food Recording Tools for Diverse Applications
    Human-Harmonized Information Technology, Volume 1, pp.77-95, Editor Toyoaki Nishida, Springer, 2015
  2. 相澤清晴,分担執筆
    研究開発の俯瞰報告書 (個人ライフログデータの記録・利活用技術)
    科学技術振興機構 研究開発戦略センター 2015

解説記事

  1. 相澤清晴,小川誠
    食ログ
    日本VR学会誌, Vol.20 No.2, pp.4-5 June 2015
  2. 久保友香
    女性の顔の魅力向上を支援する技術の将来展望 : 社会化が求められるシンデレラテクノロジー
    映像情報メディア学会誌,Vol.69,No.8, pp.853-858, Nov 2015
  3. 相澤清晴
    漫画の画像処理
    映像情報メディア学会 巻頭言 ふぉーらむ, Mar. 2016
  4. 松井勇佑, チェ・セミ
    SIGGRAPH ASIA 2014参加報告
    映像情報メディア学会誌、vol. 69, no. 3, pp. 224-227, 2015
  5. J. Hu, 山崎俊彦
    <私の研究開発ツール>(第82回)「ゼロから始めるクラウド・コンピューティング (1)~ Microsoft Azure入門編~」
    映像情報メディア学会誌, vol. 69, no. 4, pp. 336-340, 2015
  6. J. Hu, 山崎俊彦
    <私の研究開発ツール>(第83回)「ゼロから始めるクラウド・コンピューティング (2)~ Microsoft Azure発展編~」
    映像情報メディア学会誌, vol. 69, no. 5, pp. 453-456, 2015
  7. 山崎俊彦
    <私の研究開発ツール>(第84回)「ゼロから始めるクラウド・コンピューティング (3) ~Amazon Web Services入門編 ~」
    映像情報メディア学会誌, vol. 69, no. 5, pp. 560-565, 2015
  8. 松井勇佑, 山崎俊彦
    <私の研究開発ツール>(第85回)「ゼロから始めるクラウド・コンピューティング (4) ~ Amazon Web Services発展編~」
    映像情報メディア学会誌, vol. 69, no. 7, pp. 752-756, 2015
  9. 松井勇祐, 崔セミ, 山崎俊彦
    ACM Multimedia (ACMMM) 2015参加報告
    映像情報メディア学会誌, vol. 70, no. 2, pp. 293-297, 2016
  10. グエン・アン・トゥアン
    ICIP2015参加報告
    映像情報メディア学会誌, vol. 70, no. 2, pp. 288-292, 2016

メディア・展示

  1. Manga109 (学術漫画データセット) Exhibition
    SIGGRAPH Asia 2015, Nov. 3-5, 2015, Kobe, Kobe Convention Center

受賞

  1. 相澤清晴
    IEEE Fellow
  2. Kiyoharu Aizawa
    Outstanding Member of Editorial Board of IEEE Trans. of Image Processing, 2015.9.30
  3. 相澤清晴
    画像符号化・映像メディア処理シンポジウム Grand Best Paper 優秀賞 2015.11.18
  4. 山崎俊彦
    電子情報通信学会シニアメンバー, 2015/05~
  5. 山崎俊彦
    情報処理学会シニアメンバー, 2015/10~
  6. 山崎俊彦, 古田諒佑, 福島悠介, 相澤清晴
    IMPS2015優秀論文フロンティア賞
    文書・音声特徴によるリアルタイム・プレゼンテーション解析にむけた検討, 2015年度映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2015), I-3-10, ラフォーレ修善寺, Sizuoka, Shuzenji, Nov. 18-20, 2015
  7. 古田諒佑
    電気電子情報学術振興財団・原島博学術奨励賞, June 22, 2015
  8. 荒巻祐治
    映像情報メディア学会2015年度学生優秀発表賞
    荒巻祐治, 松井勇佑, 山崎俊彦, 相澤清晴, “連結成分に基づいた漫画における文字領域の検出, 映像情報メディア学会年次大会, 32C-1, 東京理科大学葛飾キャンパス, 東京, Aug. 26-28, 2015
  9. R. Furuta, S. Ikehata, T. Yamasaki, and K. Aizawa
    第9回IEEE SPS Japan Student Conference Paper Award
    “Coarse-to-fine strategy for efficient cost-volume filtering,” Proc. International Conference of Image Processing (ICIP), pp. 3793-3796, Paris, France, Oct 27-30, 2014
  10. 松井勇佑
    IMPS学生論文賞
    “PQTable: ハッシュテーブルを用いたプロダクト量子化ベクトルの高速探索,” 2015年度映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2015), I-2-01, ラフォーレ修善寺, Sizuoka, Shuzenji, Nov. 18-20, 2015
  11. 伊東浩太
    HCGシンポジウム オーガナイズドセッション賞(コミック工学), 2015.12.16
    伊東浩太, 松井勇佑, 山崎俊彦, 相澤清晴, “グラフを用いた漫画画像の領域選択,” HCGシンポジウム2015, B-1-1, 富山国際会議場, Toyama, Toyama, Dec. 16-18, 2015
  12. 古田諒佑,福島悠介,山崎俊彦,相澤清晴
    電子情報通信学会 画像工学研究会 IE賞
    高階MRFによるクラス間の共起情報を用いたマルチラベル分類の精度改善, 2016年3月
  13. 松井勇佑
    研究科長賞(博士論文優秀賞)
    Retrieval and Drawing Assistance for Manga (漫画の検索と描画支援)
  14. 緑川慶祐
    優秀修士論文
    主成分分析に基づく未校正照度差ステレオ
  15. 荒巻祐治
    優秀修士論文
    漫画における文字領域の検出と認識
  16. 井上直人
    優秀卒業論文賞
    画像の文脈情報を用いた高精度な物体検出
  17. 小川徹
    優秀卒業論文賞
    イラスト制作支援に向けたストローク分類に基づくラフ画像の線画化