学術雑誌

  1. I.C. Duta, J.R.R. Uijlings, K. Aizawa, A.G. Hauptmann, B. Ionescu, N. Sebe
    Efficient Human Action Recognition using Histograms of Motion Gradients and VLAD with Descriptor Shape Information
    Multimedia Tools and Applications, Springer, pp.1-28, DOI:10.1007/s11042-017-4795-6 2017-05-16
  2. M. Yamamoto, Y. Xing, T. Yamasaki, K. Aizawa
    An Unsupervised Service Annotation by Review Analysis
    International Journal of Big Data Intelligence, Vol.5, No.1-2, pp.73-89, 2017
  3. Y Matsui, T Yamasaki, K Aizawa
    PQTable: Non-exhaustive Fast Search for Product-quantized Codes using Hash Tables
    IEEE Trans. Multimedia , 15 November 2017, DOI: 10.1109/TMM.2017.2774009
  4. Ryosuke Furuta, Satoshi Ikehata, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Efficiency-enhanced cost-volume filtering featuring coarse-to-fine strategy
    Multimedia Tools and Applications, Springer, pp 1–23, 16 June 2017
  5. 相澤清晴、小川誠
    画像認識を用いた食事の記録,解析ツール:FoodLog
    医学のあゆみ, Vol.263, No.11,12, pp.957-962, 2017
  6. Onkar Krishna, Andrea Helo, Rama Pia, Kiyoharu Aizawa
    Gaze Distribution Analysis and Saliency Prediction Across Age Groups
    Plos One, February 23, 2018 https://doi.org/10.1371/journal.pone.0193149
  7. S.Horiguchi, S.Amano, M.Ogawa, K.Aizawa
    Personalized Classifier for Food Image Recognition
    IEEE Trans. Multimedia, accepted
  8. 小川将範,山崎俊彦,相澤清晴
    適応的なサンプリングを用いた全天球ストリートビュー動画のためのハイパーラプス映像の生成手法
    電子情報通信学会 論文誌D, accepted

国際会議

  1. Yuguan Xing, Sosuke Amano, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa, Makoto Ogawa
    Distributed Representation of Dish Names in Food Related Web Services for Associative Search and Nutrition Estimation
    IEEE Int. Conf. Multimedia Big Data 2017, April.19-21, Laguna Hills, CA, USA
  2. Sijie Shen, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Data-Driven Geometric Face Image Smilization Featuring Moving Least Square Based Deformation
    IEEE Int. Conf. Multimedia Big Data 2017, Workshop, April.19-21,2017, Laguna Hills, CA, USA
  3. Sijie Shen, Ryosuke Furuta, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Fooling Neural Networks in Face Attractive Evaluation: Adversarial Examples with High Attractive Score but Low Subjective Score
    IEEE Int. Conf. Multimedia Big Data 2017, April.19-21,2017, Laguna Hills, CA, USA
  4. Xiaoxue Zang, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa, Tetsuhiro Nakamoto, Eitaro Kuwabara, Shinichi Egami, Yusuke Fuchida
    You will succeed or not? Matching prediction in a marriage consulting service
    IEEE Int. Conf. Multimedia Big Data 2017, April.19-21,2017, Laguna Hills, CA, USA
  5. Toshihiko Yamasaki, Takuto Honma, Kiyoharu Aizawa
    Efficient Optimization of Convolutional Neural Networks using Particle Swarm Optimization
    IEEE Int. Conf. Multimedia Big Data 2017, April.19-21,2017, Laguna Hills, CA, USA
  6. Daiki Ikami, Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa
    Residual Expansion Algorithm: Fast and Effective Optimization for Nonconvex Least Squares Problems
    CVPR2017, pp.3205-3214, Hawaii Convention Center, Hawaii, USA
  7. Ionut Cosmin Duta, Bogdan Ionescu, Kiyoharu Aizawa and Nicu Sebe
    Spatio-Temporal Vector of Locally Max Pooled Features for Action Recognition in Videos
    CVPR2017, pp.7206-7214, July 21-26, 2017, Hawaii Convention Center, Hawaii, USA
  8. Ionut Cosmin Duta, Bogdan Ionescu, Kiyoharu Aizawa and Nicu Sebe
    Simple, Efficient and Effective Encodings of Local Deep Features for Video Action Recognition
    ACM Int. Conf. Multimedia Retrieval (ICMR2017) , pp.218-225, June 6–9, 2017, Bucharest, Romania
  9. Xiaoxue Zang, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa, Tetsuhiro Nakamoto, Eitaro Kuwabara, Shinichi Egami, Yusuke Fuchida
    How Competitive Are You: Analysis of People’s Attractiveness in an Online Dating System
    IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME) 2017 , pp.973-978, July 10 - 14, 2017, Hong Kong
  10. Xiaoxue Zang, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa, T. Nakamoto, E. Kuwabara, S. Egami, and Y. Fuchida
    Prediction of users’ facial attractiveness on an online dating website
    International Workshop on Multimedia Artworks Analysis (MMArt 2017), pp, 255-260, July 10-14, 2017 Hong Kong
  11. Supatta Viriyavisuthisakul, Parinya Sanguansat, Satoshi Toriumi, Mikihisa Hayashi, and Toshihiko Yamasaki
    Automatic Queue Monitoring in Store Using A Low-Cost IoT Sensing Platform
    IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan (ICCE-TW), pp. 53-54, Taiwan, June 12-14, 2017
  12. Supatta Viriyavisuthisakul, Parinya Sanguansat, Satoshi Toriumi, Mikihisa Hayashi, and Toshihiko Yamasaki
    An Automatic People Counter in Stores Using A Low-Cost IoT Sensing Platform
    International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP), pp. 137-144, Matsue-city, Aug. 12-15, 2017
  13. Toshihiko Yamasaki, Jiani Hu, Shumpei Sano, Kiyoharu Aizawa
    FolkPopularlityRank: Tag Recommendation for Enhancing Social Popularity using Text Tags in Content Sharing Services
    IJCAI Main Track, August 19-25, 2017, Melbourne Convention and Exibition Center, Australia
  14. Toshihiko Yamasaki, Jiani Hu, Shumpei Sano, Kiyoharu Aizawa
    Become Popular in SNS: Tag Recommendation using FolkPopularityRank to Enhance Social Popularity
    IJCAI, Demo Track, August 19-25, 2017, Melbourne Convention and Exibition Center, Australia
  15. A Tsubakida, S Amano, K Aizawa, M Ogawa
    Prediction of Individual Eating Habits Using Short-Term Food Recording
    IJCAI Workshop CEA 2017, Aug.20, 2017, RMIT University, Melbourne, Australia
  16. Onkar Krishna and Kiyoharu Aizawa
    Age-adapted Saliency Model With Depth Bias
    ACM Symposium on Applied Perception (ACM SAP17), September 16-17, 2017, Cottbus, Germany
  17. Yusuke Matsui, Keisuke Ogaki, Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa
    PQk-means: Billion-scale Clustering for Product-quantized Codes
    ACM Multimedia 2017, pp.1725-1233, Oct. 23-27, 2017, Mountain View, CA, USA
  18. Naoto Inoue, Edgar Simo-Serra, Toshihiko Yamasaki, Hiroshi Ishikawa
    Multi-Label Fashion Image Classification with Minimal Human Supervision
    Workship on Computer Vision for Fashion in conjunction with IEEE International Conference on Computer Vision (ICCV-CVFW), pp.2261-2267, Venice, Italy, Oct. 22-29, 2017
  19. Yiwei Zhang, Jiani Hu, Shunmpei Sano, Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa
    A Tag Recommendation System for Popularity Boosting
    ACM Multimedia 2017 Demo, pp.1227-1228, Oct. 23-27, 2017, Mountain View, CA, USA
  20. Saemi Choi, Onkar Krishna, Wen Yu Lee and Kiyoharu Aizawa
    MatPlanner: Plan Your Days in Conferences by Resolving Conflicting Events
    ACM Multimedia 2017 Demo, pp.1231-1232, Oct. 23-27, 2017, Mountain View, CA, USA
  21. Yueting Zhuang Ramesh Jain Wen Gao Liu Ren Kiyoharu Aizawa
    Cross-media Intelligence
    ACM Multimedia 2017, Panel, Oct. 23-27, 2017, Mountain View, CA, USA
  22. Paulina Hensman and Kiyoharu Aizawa
    cGAN-based Manga Colorization Using a Single Training Image
    2017 14th IAPR International Conference on Document Analysis and Recognition, Workshop MANPU2017, pp.72-77, November 10, 2017, Kyoto, Japan
  23. Rei Narita, Koki Tsubota, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Sketch-based Manga Retrieval using Deep Features
    2017 14th IAPR International Conference on Document Analysis and Recognition Workshop MANPU2017, pp.49-53, November 10, 2017, Kyoto, Japan
  24. Yi Yu, Suhua Tang, Kiyoharu Aizawa, Akiko Aizawa
    Venuenet: Fine-grained venue discovery by deep correlation learning
    IEEE International Symposium on Multimedia (ISM), pp.288-291, Dec.11-13, 2017, TAICHUNG, TAIWAN
  25. Yuki Takada, Naoto Inoue, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Similar Floor Plan Retrieval Featuring Multi-Task Learning of Layout Type Classification and Room Presence Prediction
    IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE) 2018, pp.931-936, Jan. 12-14, 2018 in Las Vegas, NV, USA
  26. Yuki Obuchi, Yuki Obuchi, Toshihiko Yamasaki, and Kiyoharu Aizawa, Satoshi Toriumi and Mikihisa Hayashi
    Measurement and Evaluation of Comfort Levels of Apartments Using IoT Sensors
    IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE) 2018, pp.864-869, Jan. 12-14, 2018 in Las Vegas, NV, USA
  27. Shunsuke Nakamura, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa, Yusuke Ishikawa
    Prediction of the Time to Pregnancy by Kernel Density Estimation on Lifestyle Questionnaire
    IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE) 2018, pp.323-328, Jan. 12-14, 2018 in Las Vegas, NV, USA
  28. Ryosuke Furuta, Naoto Inoue, and Toshihiko Yamasaki
    Efficient and Interactive Spatial-Semantic Image Retrieval
    International Conference on Multimedia Modeling (MMM2018), K. Schoeffmann et al. (Eds.): Part I, LNCS 10704, pp. 190–202, Bangkok, Thailand, February 5-8, 2018
  29. Saemi Choi, Kiyoharu Aizawa, Nicu Sebe
    FontMatcher: Font Image Paring for Harmonious Digital Graphic Design
    ACM IUI 2018 (Intelligent User Interfaces) , pp.37-41, Mar. 7-11, 2018, Tokyo
  30. Yiwei Zhang, Jiani Hu, Shunmpei Sano, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Computer Vision Based and FPRank Based Tag Recommendation for Social Popularity Enhancement
    ACM IUI 2018 (Intelligent User Interfaces) , Demo, Mar. 7-11, 2018, Tokyo

国内シンポジウム・研究会

  1. 椿田晃大、天野宗佑、相澤清晴、小川誠
    食事記録データからの個人の食傾向の予測
    電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE), Jun 1-2, 2017, Univ. Tokyo, Tokyo
  2. 石見和也,山崎俊彦,相澤清晴
    Street Viewを活用した走行映像の絶対位置推定とスケールドリフトの補正
    電子情報通信学会 パターン認識とメディア理解研究会, PRMU2017-37, IEICE-117, No.105, pp.69-74, Jun23-24, 2017, 東北大学,仙台
  3. 安沢昌志,天野宗佑,相澤清晴,小川誠,佐藤真一
    マルチドメインデータを用いた食事トレンドの検証
    電子情報通信学会 データ工学研究会, DE2017-2, IEICE-117, No.108, pp.7-10, Jun23-24, 2017, リクルートテクノロジーズ,東京
  4. 成田嶺, 坪田亘記, 山崎俊彦, 相澤清晴
    深層特徴を用いた漫画検索システム
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), PS3-43, 広島国際会議場、広島、Aug.8-10,2017
  5. 小川将範, 山崎俊彦, 相澤清晴
    天球動画のハイパーラプス映像の生成
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), PS1-63, 広島国際会議場、広島、Aug.8-10,2017
  6. Yiwei Zhang, Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa
    Popularity Analysis on Instagram
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), PS1-35, 広島国際会議場、広島、Aug.8-10,2017
  7. Sijie Shen, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa and Toru Sugahara
    Data-Driven Geometric Face Image Smilization Featuring Moving Least Square Based Deformation
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), PS1-52, 広島国際会議場、広島、Aug.8-10,2017
  8. 大渕 友暉, 山崎 俊彦, 相澤 清晴, 鳥海 哲史, 林 幹久
    IoTカメラを用いた保育施設における子育て見守り支援
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), PS1-56, 広島国際会議場、広島、Aug.8-10,2017
  9. 高田 祐樹, 井上 直人, 山﨑 俊彦, 相澤 清晴
    間取り分類と部屋の有無分類の同時最適化による類似不動産間取り図検索
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), PS1-41, 広島国際会議場、広島、Aug.8-10,2017
  10. Daiki Ikami, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Residual Expansion Algorithm: Fast and Effective Optimization for Nonconvex Least Squares Problems (招待講演)
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), IT1-11, 広島国際会議場、広島、Aug.8-10,2017
  11. 山崎 俊彦, フー ジャニ, 佐野 峻平, 相澤 清晴
    タグをみる: SNS上で閲覧数を向上させるタグ推薦
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), OS5-4, 広島国際会議場、広島、Aug.8-10,2017
  12. 大山真司, 山崎俊彦, 相澤清晴
    プレゼンテーションスライドの特徴抽出と印象予測
    電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE), 信学技報, vol. 117, no. 217, MVE2017-14, pp. 1-6, Sep. 21-22, 2017千葉大学.
  13. 大渕友暉, 山崎俊彦, 鳥海哲史, 林幹久, 野澤祥子, 高橋翠, 遠藤利彦, 秋田喜代美
    保育施設におけるIoTカメラを用いた環境・行動解析
    電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE), 信学技報, vol. 117, no. 217, MVE2017-15, pp.7-11, Sep.21-22, 2017千葉大学.
  14. Yiwei Zhang, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Product and Service Popularity Analysis and Class Discovery on Instagram
    電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE), 信学技報, vol. 117, no. 217, MVE2017-16, pp.13-18, Sep. 21-22, 2017千葉大学.
  15. 中村遵介, 河原達也, 山崎俊彦
    畳み込みニューラルネットによるテレビ広告動画における魅力予測
    電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE), 信学技報, vol. 117, no. 217, MVE2017-18, pp. 21-24, Sep. 21-22, 2017千葉大学.
  16. 山崎俊彦
    魅力工学への誘い ~ 魅力工学研究会設立の趣旨 ~
    電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE) , Sep. 21-22, 2017. (原稿なし)
  17. 山崎俊彦, 土居裕和, 井出一郎, 津村徳通
    魅力工学研究の紹介 ~ 設立シンポジウムの報告 ~,
    電子情報通信学会 ディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE), Sep. 21-22, 2017. (原稿なし)
  18. 山崎俊彦, 土居裕和, 井出一郎, 津村徳通, 新田直子
    魅力工学の展望
    電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE), Sep. 21-22, 2017. (原稿なし)
  19. 相澤清晴
    漫画・イラストのマルチメディア処理に向けた基盤技術研究
    ICTイノベーションフォーラム2017, D-15, Oct. 3 2017, 幕張メッセ会議場
  20. 山崎俊彦
    「刺さる」マルチメディアコンテンツを科学する ~ ビッグマルチメディアデータを用いた魅力解析 ~
    電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会(EMM), EMM2017-63, p. 45, 鹿児島市, Nov. 07, 2017.
  21. 山崎俊彦, 中村遵介, 河原達也
    大規模主観評価データベースに基づく印象に残るTV-CMの要因解析
    2017年度映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2017), P4-2, ラフォーレ修善寺, 伊豆市, 静岡, Nov. 20-22, 2017.
  22. 中村遵介, 石川勇介, 山崎俊彦
    個人の生活習慣に応じた妊娠に至るまでの期間の確率分布予測
    映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2017), P3-6, ラフォーレ修善寺, 伊豆市, 静岡, Nov. 20-22, 2017.
  23. 小川将範, 山崎俊彦, 相澤清晴
    適応的サンプリングによる天球市街動画のためのハイパーラプス映像の生成手法
    映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2017), P2-2, ラフォーレ修善寺, Nov. 20-22, 2017.
  24. Yiwei Zhang, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Product and Service Popularity Analysis on Instagram
    映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2017), P3-9, ラフォーレ修善寺, Nov. 20-22, 2017.
  25. 大渕友暉, 山崎俊彦, 鳥海哲史, 林幹久, 野澤祥子, 高橋翠, 遠藤利彦, 秋田喜代美
    IoTカメラによる保育施設での環境計測と行動分析
    映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2017), P5-8, ラフォーレ修善寺,Nov. 20-22, 2017.
  26. 高田祐樹, 山崎俊彦
    LIFULLデータセットを用いた間取り画像処理,家賃の回帰分析
    IDRユーザフォーラム2017, 国立情報学研究所(NII) 19階会議室, 東京都千代田区, Dec. 4, 2017. (予稿集なし、発表のみ)
  27. 山崎俊彦
    ビッグ・マルチメディア・データを用いたインタラクション解
    HCGシンポジウム2017, 特集テーマセッション「ソーシャル・イメージング」, A-2-5, 石川県金沢市, Dec.13-15, 2017.
  28. 栗田 啓大,山崎 俊彦,相澤 清晴,中本 哲宏,桑原 英太郎,江上 新一,渕田 悠介
    内容・コンテキスト情報を用いたLSTMによる婚活サイト上のチャットの結果予測
    電子情報通信学会 HCGシンポジウム 2017, A-3-1,Dec.13-15, 2017, Kanazawa
  29. 近藤将之, 山崎俊彦, 相澤 清晴
    深層学習を用いたプレゼンテーション動画の印象予測
    HCGシンポジウム2017, C-5-3, 石川県金沢市, Dec.13-15, 2017.
  30. 安倍満, 船冨卓哉, 木村昭悟,中澤篤志,山崎俊彦,松下康之,内田誠一, 前田英作
    PRMU基礎研究におけるオープンアイデア~PRMU第二期グランドチャレンジ~
    パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU), 信学技報, vol. 117, no. 362, PRMU2017-106, pp. 39-40, 慶應義塾大学, Dec.16-17, 2017.
  31. 中澤篤志,山崎俊彦,松下康之,安倍満, 船冨卓哉, 木村昭悟,内田誠一, 前田英作
    PRMU応用研究におけるオープンアイデア~PRMU第二期グランドチャレンジ~
    パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU), 信学技報, vol. 117, no. 362, PRMU2017-107, pp. 41-43, 慶應義塾大学, Dec.16-17, 2017.
  32. 伊神 大貴, 相澤 清晴
    Residual Expansion Algorithm: Fast and Effective Optimization for Nonconvex Least Squares Problems
    情報系 WINTER FESTA Episode3, Dec.25-26, 2017, Tokyo
  33. 山崎 俊彦, ジャン イーウェイ, フー ジャニ, 佐野 峻平
    FolkPopularityRank: SNSでの閲覧数を向上させるタグ推薦
    情報系 WINTER FESTA Episode3, 国立情報学研究所, Dec. 25-26, 2017.
  34. 椿田晃大・天野宗佑・山肩洋子・相澤清晴・小川 誠
    短期間の食事記録からの長期間記録の予測と評価
    映像情メディア学会、メディア工学研究会, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  35. 安沢昌志・天野宗佑・山肩洋子・元永恵子・亀井明子・相澤清晴
    アスリート支援のための食事画像認識
    映像情メディア学会、メディア工学研究会, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  36. 大山真司・山崎俊彦・相澤清晴
    プレゼンテーションスライドのデザインに対するCNNを用いた客観的フィードバックの生成
    電子情報通信学会 画像工学研究会, IE2017-109, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  37. 石見和也・池畑 諭・山崎俊彦・相澤清晴
    ジオタグ付き画像を利用した単眼カメラの高精度位置推定
    電子情報通信学会 画像工学研究会, IE2017-110, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  38. 高田祐樹・井上直人・山崎俊彦・相澤清晴
    深層特徴量を用いた間取り画像をクエリとする類似不動産検索 (招待講演)
    映像情メディア学会、メディア工学研究会, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  39. 井上直人・古田諒佑・山崎俊彦・相澤清晴
    スタイル転移を利用した物体検出におけるドメイン適応
    電子情報通信学会 画像工学研究会, IE2017-111, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  40. 竹木章人・伊神大貴・入江豪・相澤清晴
    情報損失の無い並列的特徴量プーリングを用いた画像認識
    電子情報通信学会 画像工学研究会, IE2017-112, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  41. 小川 徹・山崎俊彦・相澤清晴
    並列化された検出器による高精度漫画物体検出
    映像情メディア学会、メディア工学研究会, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  42. 山本和慶・小川 徹・山崎俊彦・相澤清晴
    データドリブンなアプローチを用いた漫画画像中の吹き出しの話者推定
    映像情メディア学会、メディア工学研究会, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  43. Sijie Shen・Toshihiko Yamasaki・Kiyoharu Aizawa
    Computing and Visualizing Image-level One-Order Facial Attribute Relations with Deep Features
    電子情報通信学会 画像工学研究会, IE2017-108, Feb.14-15, 2018, Sapporo
  44. Onkar Krishna,Kiyoharu Aizawa
    Eye-Gaze Differences and Saliency Prediction Across Different age Groups
    電子情報通信学会 イメージ・メディア・クオリティ研究会, IMQ2017-37, Mar. 3-9, 2018, Okinawa
  45. 古田諒佑, 井上直人, 山崎俊彦
    意味領域分割に基づく効率的かつインタラクティブな画像検索
    メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE), 信学技報, vol. 117, no. 485, MVE2017-101, pp. 189-194, 沖縄県那覇市, Mar.8-9, 2018.
  46. Nicolas Michel, Hayato Sakata, Keita Kurita, Toshihiko Yamasaki
    Banner Click Through Rate Classification Using Deep Neural Convolutional Network
    画像工学研究会 (IE), 信学技報, vol. 117, no. 484, IE2017-135, pp. 101-106, 沖縄県那覇市, Mar.8-9, 2018.

国内大会

  1. 高田 祐樹 井上 直人 山崎 俊彦 相澤 清晴
    深層特徴量を用いた類似間取り図検索
    人工知能学会全国大会, 1H3-OS-15b-2, May 23-25, Nagoya
  2. 大渕 友暉 山崎 俊彦 相澤 清晴 鳥海 哲史 林 幹久
    IoTセンサを用いたマンション物件計測と快適度評価
    人工知能学会全国大会, 1H2-OS-15a-4, May 23-25, Nagoya
  3. 成田嶺, 小川徹,松井勇佑,山崎俊彦, 相澤清晴
    深層特徴を用いたスケッチに基づく漫画検索
    人工知能学会全国大会, 3H1-OS-04a-2, May 23-25, Nagoya
  4. 久保 友香,稲垣 涼子,宮田 真里,西川舞,新本 祐一,相澤 清晴
    女性が目指す「盛れてる顔」の時間変化
    日本顔学会大会(顔学フォーラム2017), OS3-3 関西学院大学,Sep.9-10, 2017, Hyogo
  5. 相澤清晴
    食の情報処理 ~これまでの10年、これからの10年~ (招待パネル)
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  6. 石見和也・山崎俊彦・相澤清晴
    ジオタグ付き画像を活用した大規模三次元復元の改善
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CH-002, Sep. 12-14, Tokyo
  7. 井上直人・古田諒佑・山崎俊彦・相澤清晴
    疑似バウンディングボックス生成によるドメインを跨いだ物体検出
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CH-004, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  8. 安沢昌志・天野宗佑・相澤清晴・小川 誠
    コミュニティデータを活用した大規模食事画像認識
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CH-006, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  9. 小川 徹・山崎俊彦・相澤清晴
    漫画物体検出に向けた検出器の並列化
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CH-007, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  10. 大山真司・山崎俊彦・相澤清晴
    プレゼンテーションスライドの客観評価と印象予測
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CH-009, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  11. 伊神大貴・山崎俊彦・相澤清晴
    REアルゴリズム:非凸最小二乗法問題の大域的最適化手法
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CH-010, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  12. 竹木章人・伊神大貴・入江 豪・相澤清晴
    新出に対応する深層学習を用いたメタ認知に基づく画像認識
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CH-014, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  13. 宮田真里・久保友香・山崎俊彦・相澤清晴・稲垣涼子
    幾何的特徴量を用いたデジタル化粧の個人選好性評価
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CK-002, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  14. 椿田晃大・天野宗佑・相澤清晴・小川 誠
    短期間の食事記録データからの個人の食習慣の予測
    情報科学技術フォーラム、FIT2017, CO-009, Sep. 12-14, 2017 Tokyo
  15. 山崎俊彦, 沈思傑, 菅原徹
    データ駆動型処理による顔の魅力化
    日本顔学会大会フォーラム顔学2017 (日本顔学会誌, vol. 17, no. 1), O1-4, p. 31, 西宮市, Sep. 9-10, 2017.
  16. 山崎俊彦
    ビッグデータ解析による感情・情動イメージング
    日本光学会年次学術講演会 (OPJ2017), 産業界を革新に導く感情・情動イメージング (OPJシンポ), 1pDS2, 東京都文京区, Oct. 30 – Nov. 2, 2017. (invited)
  17. 郁 青・安沢昌志・天野宗佑・山崎俊彦・相澤清晴・小川 誠
    食事分布の時間変化を考慮した個人適応食事認識器
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-24, Mar.20-23, 2018, Tokyo
  18. 坪田亘記・小川 徹・山崎俊彦・相澤清晴
    個別の漫画に適応した漫画キャラクター特徴量の導出とクラスタリング
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-25, Mar.20-23, 2018, Tokyo
  19. 栗田啓大・山崎俊彦・相澤清晴・中本哲宏・桑原英太郎・江上新一
    言語・非言語情報を用いた婚活サイト上のチャットの結果予測
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-26, Mar.20-23, 2018, Tokyo
  20. 小杉 哲・山崎俊彦・相澤清晴
    深層学習による化粧の魅力度評価
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-28, Mar.20-23, 2018, Tokyo
  21. 加藤尚輝・山崎俊彦・相澤清晴・大浜毅美
    深層特徴を利用したユーザの不動産物件に対する嗜好予測
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-29, Mar.20-23, 2018, Tokyo
  22. 田中大揮・伊神大貴・山崎俊彦・相澤清晴
    同時最適化による誤ラベルを含むデータでのCNN学習
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-30, Mar.20-23, 2018, Tokyo
  23. 金子真也・石見和也・小川 徹・山崎俊彦・相澤清晴
    Semantic Segmentationを用いたSLAMの改善
    電子情報通信学会 総合大会, D-12-50, Mar.20-23, 2018, Tokyo
  24. 山崎俊彦
    IoTカメラと機械学習を用いた保育環境の処理・理解
    発達心理学会, 自主シンポジウム, 保育学研究における人工知能技術(AI)の可能性 -エビデンスに基づく保育への挑戦―, 東北大学川内キャンパス, Mar 23-25, 2018.
  25. 郁青・安沢昌志・天野宗佑・山崎俊彦・相澤清晴,小川 誠
    時間と分散表現を考慮した深層特徴に基づく食事画像認識
    映像情報メディア学会冬季大会2017 13B-4, Dec.12-13, 2017, Tokyo

解説記事

  1. 相澤清晴
    学会の価値と役割(巻頭言)
    情報・システムソサイエティ誌, 第22巻2号,通巻87号, Aug. 2017
  2. 山崎俊彦
    「魅力」をAIで測る、テレビCM約1万本で検証
    日経ビッグデータ, 5月号, p. 32-33, 2017.
  3. 山崎俊彦
    ホッとひといき:AIが変える出会い
    応用物理学会, 第86巻, 9号, pp. 813-816, 2017年9月号.
  4. 伊藤泉, 山崎俊彦
    ICASSP2017参加報告
    映像情報メディア学会誌, vol. 71, no.5, pp. 661-664, 2017.
  5. 清田陽司, 山崎俊彦, 諏訪博彦, 清水千弘
    不動産とAI
    人工知能, 32巻4号 (2017年7月号), pp. 529-535, 2017.
  6. 山崎俊彦
    AI・IoT を用いた不動産物件の「魅力」情報処理
    人工知能, 32巻4号 (2017年7月号), pp. 536-541, 2017.
  7. 山崎俊彦
    恋活・婚活のための行動履歴・ビッグデータ解析
    映像情報メディア学会誌, vol. 71, no. 5, pp.622-625, 2017.
  8. 山崎俊彦, 井原雅行, 大澤博隆, 小山田雄仁, 服部宏充, 森勢将雅, 山田智広
    1-2 座談会 情報社会の夢の未来予測後技術課題
    電子情報通信学会誌, 創立100年記念特集, vol. 100, no. 10, pp. 1030-1042, 2017.
  9. 山崎俊彦
    SNS上で人気度を向上させるタグ推薦技術を発明
    JST news, 11月号, p. 15, 2017.
  10. 山崎俊彦
    AIによる画像処理
    光技術コンタクト, Vol. 55, No. 12, pp. 30-35, 2017.
  11. 山崎俊彦
    表現スタイルの異なる画像に対して自動適応する物体検出技術
    一般財団法人 テレコム先端技術研究支援センター, 技術情報誌 TELECOM FRONTIER, No. 98, 2018 WINTER.

arXiv

  1. Y Matsui, T Yamasaki, K Aizawa
    PQTable: Non-exhaustive Fast Search for Product-quantized Codes using Hash Tables
    arXiv preprint arXiv:1704.06556 [cs.CV], arXiv:1704.06556 April, 2017
  2. D.Ikami, T.Yamasaki, K.Aizawa
    Residual Expansion Algorithm: Fast and Effective Optimization for Nonconvex Least Squares Problems
    arXiv preprint arXiv:1705.09549 [cs.CV], 2017.4
  3. Paulina Hensman, Kiyoharu Aizawa
    cGAN-based Manga Colorization Using a Single Training Image
    arXiv preprint arXiv:1706.06918 [cs.GR], 2017.5
  4. Onkar Krishna, Andrea Helo, Rama Pia, Kiyoharu Aizawa
    Gaze Distribution Analysis and Saliency Prediction Across Age Groups
    arXiv preprint arXiv:1705.07284 [cs.CV], 2017.6
  5. Shota Horiguchi, Daiki Ikami, Kiyoharu Aizawa
    Significance of Softmax-based Features in Comparison to Distance Metric Learning-based Features
    arXiv preprint arXiv:1712.10151 [cs.CV], 2017.12.29
  6. Sourav Mishra, Toshihiko Yamasaki, Hideaki Imaizumi, and Hiromi Hirano
    Supervised classification of Dermatological diseases by Deep neural networks
    https://arxiv.org/abs/1802.03752, Feb. 2018
  7. Toru Ogawa, Atsushi Otsubo, Rei Narita, Yusuke Matsui, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Object Detection for Comics using Manga109 Annotations
    arXiv https://arxiv.org/abs/1803.08670, March 2018
  8. Akito Takeki, Daiki Ikami, Go Irie, Kiyoharu Aizawa
    Parallel Grid Pooling for Data Augmentation
    https://arxiv.org/abs/1803.11370, March 2018
  9. Daiki Tanaka, Daiki Ikami, Toshihiko Yamasaki, Kiyoharu Aizawa
    Joint Optimization Framework for Learning with Noisy Labels
    arXiv https://arxiv.org/abs/1803.11364, March 2018

受賞

  1. チームケ~ン(竹木章人、小川徹、井上直人、伊神大貴)
    内閣府人工知能戦略会議議長賞, 2017.5.22
  2. チームケ~ン(竹木章人、小川徹、井上直人、伊神大貴)
    最高精度賞 料理分類部門, 2017.5.22
  3. 水野倫宏
    映像情報メディア学会学生優秀発表賞
    (水野倫宏,竹木章人,堀口翔太,山崎俊彦,相澤清晴,画像認識における未知クラス識別の検討,映像情報メディア学会冬季大会,15C-6 Dec.21-22, 2015, Tokyo, 2017.8.31)
  4. 大山真司
    電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 MVE賞
    (大山真司・山崎俊彦・相澤清晴, プレゼンテーションスライドの特徴抽出と印象予測), 2017.10.18
  5. 小川将範
    PCSJ/IMPS学生論文賞, PCSJ/IMPS ベストポスター賞
    (小川将範, 山崎俊彦, 相澤清晴, 適応的サンプリングによる全天球市街動画のためのハイパーラプス映像の生成手法, 映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2017), P2-2, ラフォーレ修善寺, Nov. 20-22, 2017)
  6. 山崎俊彦, 中村遵介, 河原達也
    PCSJ/IMPS ベストポスター賞
    (大規模主観評価データベースに基づく印象に残るTV-CMの要因解析, 映像メディア処理シンポジウム (IMPS 2017), P4-2, ラフォーレ修善寺, Nov. 20-22, 2017.)
  7. 栗田啓大
    学生優秀インタラクティブ発表賞
    (A-3-1 栗田 啓大・山崎 俊彦・相澤 清晴・中本 哲宏・桑原 英太郎・江上 新一・渕田 悠介, 内容・コンテキスト情報を用いたLSTMによる婚活サイト上のチャットの結果予測 2017.12.25)
  8. 堀口翔太
    映像情報メディア学会 優秀研究発表賞
    (堀口,伊神,相澤,深層特徴の比較評価 ―分類器学習vs. 距離計量学習― ME2017-59 (VOL.41,NO.5, 2017/2/21発表), 2017.11.14)
  9. 高田祐樹
    IEEE CE East Joint Japan Chapter ICCE Young Scientist Paper Award
    (Yuki Takada, Naoto Inoue, Toshihiko Yamasaki and Kiyoharu Aizawa, Similar Floor Plan Retrieval Featuring Multi-Task Learning of Layout Type Classification and Room Presence Prediction, ICCE2018)
  10. 孫理天
    日中科学技術交流協会 中国人留学生研究奨励賞
    2018.1.11
  11. Supatta Viriyavisuthisakul
    Best Paper Award
    2018.03.06 (Supatta Viriyavisuthisakul, Parinya Sanguansat, Satoshi Toriumi, Mikihisa Hayashi, and Toshihiko Yamasaki, An Automatic People Counter in Stores Using A Low-Cost IoT Sensing Platform, International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP), pp. 137-144, Matsue Convention Center, Aug. 12-15, 2017)
  12. 石見和也
    電子情報通信学会 画像工学研究会 IE賞
    (石見和也、池畑 諭、山崎俊彦、相澤清晴「ジオタグ付き画像を利用した単眼カメラの高精度位置推定」 2018.2.28)
  13. 石見和也
    学際情報学府専攻長賞
    修士論文「疎なジオタグ情報を用いた映像の高精度3次元復元」2018.3.22
  14. 竹木章人
    電子情報学専攻長賞
    修士論文「画像認識のための畳み込みニューラルネットワークに対する正則化:並列的特徴プーリングと深層メタ認知ネットワーク」2018.3.22
  15. 井上直人
    電子情報学専攻長賞
    修士論文「Cross-style object detection through progressive domain adaptation」2018.3.22
  16. 栗田啓大
    工学部長賞
    卒業論文Sequential Classification of Chat Logs Without Message Level Annotations 2018.3.23