スクリーントーン除去と線画化

漫画の表現技法であるスクリーントーンは,表現の幅を広げる一方,彩色などの画像処理においては不要であることが多い.そこで,スクリーントーンを除去し,線画を取り出す研究を行っている.

図1

© 黒沢哲哉・正木秀尚

スクリーントーン除去

漫画オブジェクトの自動検出

漫画オブジェクト(キャラクタ・コマ・テキスト)の自動検出の研究を行っている.キャラクタ検出は検索に,コマ検出はリターゲティングに,テキスト検出はOCRと機械翻訳との組み合わせによる翻訳版の作成やセリフ検索に利用できる.

図1

漫画オブジェクトの自動検出

Manga109

漫画のメディア処理の学術研究使用のために大規模漫画データセット,Manga109 を構築した.セリフやコマ,キャラクタのメタデータを付与することで,機械学習の教師データなどに利用することが可能となった.

図1

Manga109とメタデータ